「楽天西友ネットスーパー」が関西地域の出荷能力を拡充、2021年内に大阪府茨木市に物流センターを新設

2022.04.21

2021.02.16

楽天と西友は、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」(https://sm.rakuten.co.jp/)の関西地域における出荷能力の拡充を目的に、大和ハウス工業が開発する大型物流施設「DPL茨木」(大阪府茨木市)の全フロアを賃借し、専用物流センターを新設、2021年内の稼働開始を予定していると発表した。

名神高速道路「吹田ジャンクション」から約 1.8kmと近接し、大阪駅から15km圏内のアクセスに優れている他、阪急電鉄京都線南茨木駅と大阪モノレール南茨木駅からは徒歩約13分に位置しており、職住近接の就労環境も整っているという。

新設する物流センターでは、常温、冷蔵、冷凍の3温度帯で商品を保管する他、搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化することで当日配送枠を拡充し、関西地域における供給能力の強化を図ると共に、サービスの利便性向上を図る。

また、関東では21年1月から最大3万~4万アイテムの取り扱いが可能な専用物流センターを神奈川県横浜市に稼働開始。首都圏ではエリアに応じて千葉県柏市の物流センター、神奈川県横浜市の物流センター、および実店舗から配送を実施しているが、今回の新施設では自動化設備を導入することで千葉県柏市の物流センターのオペレーションと比較して、約60%の省人化が実現したという。

楽天西友ネットスーパーの昨年10~12月の売上げは約4割増

新型コロナウイルスの影響による外出自粛の動きもあって、ネットスーパーに対する需要は急速に拡大している。楽天西友ネットスーパーでも昨年10~12月の売上げが前年同期比39.9%増へと大幅に増加している。

楽天西友ネットスーパーは、生鮮食品、加工食品、冷凍食品、日用消耗品、惣菜など取扱商品は最大2万アイテム。入会費、年会費ともに無料、配送料は総額で330円だが、注文商品の合計額が一定額以上の購入で無料になる(届ける日時によっては送料無料となる金額が異なる場合がある)。なお、1回の注文上限額は消費税込みの総額で4万5000円。

システムメンテナンス時を除く年中無休、24 時間注文可能で、宅配時間は注文した日から3日後までの10~22時までの6つの時間帯(10時~12時、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~22時)で指定できる。

また、15時までに注文すれば、一部エリアを除いて当日配送が可能。注文から最短4時間で配送する。決済手段はクレジットカード1回払い、もしくは代金引き換え(サービスの概要は全て21年2月時点)。

大阪府茨木市の物流センター概要

物件名/DPL茨木

所在地/大阪府茨木市丑寅1-1-1

事業主/大和ハウス工業

稼動開始/2021年内予定

延べ床面積/約1万7600坪(約5万8000㎡)

物件階数/地上4階建て

配送エリアマップ(予定)/

大阪、兵庫、京都、奈良の一部エリアを対象に配送予定

神奈川県横浜市の物流センター概要

物件名/三井不動産ロジスティクスパーク横浜港北

所在地/神奈川県横浜市都筑区川和町760-1

稼動開始/2021年1月25日(月)

延べ床面積/約1万5300坪(約5万㎡)

配送エリアマップ(予定)/

本センターでは、首都圏への配送のうち、東京都および神奈川県の一部への配送を担う(濃緑)。今後の配送拡大エリアも含む

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …