アマゾンジャパンが宅配商品の受け取りに新システム「Key for Business」を導入、オートロックのマンションでも置き配が可能に

2022.04.21

2021.02.25

アマゾンジャパンは2月25日から、マンションでのAmazonの荷物の受け取りの煩わしさを解消するためのシステム「Key for Business」の導入を開始する。

Key for Businessは、Amazonから委託を受けた配送業者や配送ドライバーが専用の配送アプリからマンションのオートロックを解除できる仕組みで、お客が不在でも玄関などへの置き配が可能になる。米国などでは先行導入されている。

マンションのエントランスのドア、またはオートロックの装置とKey for Businessデバイスを接続することで、配送ドライバーは専用の配送アプリからオートロックを解除できるようになる。配送ドライバーはマンションに到着後、ロックを解除し、マンションに入館、玄関などへ届けるとロック解除の期限が切れる仕組み。それ以降は同じ日でもマンションに入館できなくなる(仕組みについては、https://www.amazon.co.jp/keyforbusiness)。

当初は、国内で118万戸の賃貸建物を管理する大東建託パートナーズ、98万件以上にセキュリティソリューションを提供する綜合警備保障(ALSOK)をはじめとする企業と協力して導入を進め、順次、パートナー企業を拡大しながら全国展開を目指す。今回のサービス開始に当たっては、200棟のマンションへの導入を予定している。

置き配の拡大で環境負荷の軽減目指す

アマゾンジャパンでは、玄関などへの置き配指定サービスを、注文時の配送オプションとして30都道府県で標準の配送方法としている(Amazonが発送するAmazonの荷物に関して。買物後に発送される発送通知メールに「発送業者:Amazon」と表示されている場合のみ。また、Amazonフレッシュの注文商品は対象外)。これまで、オートロック付きのマンションでは、お客が不在の場合、配送ドライバーがマンションに立ち入ることができず、玄関などへの置き配ができなかった。

また、「宅配ボックスが満杯時は受け取れない」「商品を宅配ボックスから部屋まで運ばなければならない」といった不便さもあった。

Key for Businessはこれらの課題の解決方法の1つとなり得る。Key for Businessの導入によって、オートロック付きマンションに関しても玄関などまでの置き配が可能となることから、在宅時であっても在宅勤務中など手が離せないときなどについても、インターホンや玄関での応対が不要となる。

また、再配達の減少につながることから、配送ドライバーの負担軽減や二酸化炭素などの排出削減による環境負荷の軽減にも役立つと期待している。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。