アマゾンジャパンが宅配商品の受け取りに新システム「Key for Business」を導入、オートロックのマンションでも置き配が可能に

2021.02.25

アマゾンジャパンは2月25日から、マンションでのAmazonの荷物の受け取りの煩わしさを解消するためのシステム「Key for Business」の導入を開始する。

Key for Businessは、Amazonから委託を受けた配送業者や配送ドライバーが専用の配送アプリからマンションのオートロックを解除できる仕組みで、お客が不在でも玄関などへの置き配が可能になる。米国などでは先行導入されている。

マンションのエントランスのドア、またはオートロックの装置とKey for Businessデバイスを接続することで、配送ドライバーは専用の配送アプリからオートロックを解除できるようになる。配送ドライバーはマンションに到着後、ロックを解除し、マンションに入館、玄関などへ届けるとロック解除の期限が切れる仕組み。それ以降は同じ日でもマンションに入館できなくなる(仕組みについては、https://www.amazon.co.jp/keyforbusiness)。

当初は、国内で118万戸の賃貸建物を管理する大東建託パートナーズ、98万件以上にセキュリティソリューションを提供する綜合警備保障(ALSOK)をはじめとする企業と協力して導入を進め、順次、パートナー企業を拡大しながら全国展開を目指す。今回のサービス開始に当たっては、200棟のマンションへの導入を予定している。

置き配の拡大で環境負荷の軽減目指す

アマゾンジャパンでは、玄関などへの置き配指定サービスを、注文時の配送オプションとして30都道府県で標準の配送方法としている(Amazonが発送するAmazonの荷物に関して。買物後に発送される発送通知メールに「発送業者:Amazon」と表示されている場合のみ。また、Amazonフレッシュの注文商品は対象外)。これまで、オートロック付きのマンションでは、お客が不在の場合、配送ドライバーがマンションに立ち入ることができず、玄関などへの置き配ができなかった。

また、「宅配ボックスが満杯時は受け取れない」「商品を宅配ボックスから部屋まで運ばなければならない」といった不便さもあった。

Key for Businessはこれらの課題の解決方法の1つとなり得る。Key for Businessの導入によって、オートロック付きマンションに関しても玄関などまでの置き配が可能となることから、在宅時であっても在宅勤務中など手が離せないときなどについても、インターホンや玄関での応対が不要となる。

また、再配達の減少につながることから、配送ドライバーの負担軽減や二酸化炭素などの排出削減による環境負荷の軽減にも役立つと期待している。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」