バローとAmazon、愛知県の一部エリアで生鮮食品などのオンライン販売を開始

2021.07.01

2021.07.02

バローホールディングスはAmazonとの 協業により、Amazonプライム会員向けサービスとして、バローの実店舗で取り扱う生鮮食品のオンライン販売および最短2時間配送サービスの提供を6月30日から開始した。

配送エリアは、愛知県の名古屋市と清須市の2市(一部エリアを除く)。今後も愛知県を中心に順次拡大していく予定。

対象エリアのプライム会員は、Amazon.co.jpのウェブサイトおよびAmazonショッピングアプリ上のバローのストア(http://www.amazon.co.jp/valor)において、バローの実店舗で取り扱っている野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、店内で精米したての米、出来たての惣菜、焼きたてのパン、「valor select」や「valor plus」といったバローのプライベートブランド商品など、数千点の商品をオンラインで購入できる。

注文後、バロー店内の専任の担当者が品質などをチェックしながら商品をピッキング。Amazonの配送ネットワークで注文から最短2時間で届ける。配送時間は12時~22時、当日または翌日の2時間単位で指定することができる。

サービスの提供開始に合わせて、Amazon上のバローのストアでオープン記念セールを開催し、トライアルを促す。6月30日~7月13日の2週間、チルド食品や菓子、飲料、調味料など50種類以上の商品を20~50%値下げして販売する。

注文から商品の配送までの流れ

Amazon.co.jpのウェブサイト(PC、モバイル共通)もしくはAmazonショッピングアプリ上のバローのストアで注文
注文後、バロー店内の専任の担当者が品質などをチェックしながら商品をピッキング
バロー専任の担当者が商品を梱包し、3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)に分けて出荷準備
Amazonの配送ドライバーがバロー店舗にて商品を集荷し、お客が指定した住所へ注文から最短2時間で配送

Amazon.co.jp上のバローのストアのサービス概要

URL/http://www.amazon.co.jp/valor(PC、モバイル共通、Amazonショッピングアプリからも利用可能)

取扱商品/生鮮食品、惣菜、飲料、酒、日用品など、数千点

配送エリア/愛知県名古屋市、清須市(一部エリアを除く)

配送時間/12時~22時(当日または翌日の2時間単位で指定可能)

最低注文金額/2000円(総額)以上

配送料/8000円(総額)未満の注文は390円(総額)、8000円(総額)以上のご注文は無料

利用条件/Amazonプライム会員への登録、年会費4900円(総額)または月会費500円(総額)が必要

※上記は全て2021年6月30日時点の情報で、今後予告なく変更となる場合がある。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」