ローソンがfoodpanda(フードパンダ)取扱店舗を拡大、7月1日から東京都と北海道の 75 店舗を追加

2021.07.01

ローソンは、北海道札幌市と福岡県福岡市の直営店合計7店に導入しているfoodpanda Japanが展開するフードデリバリーサービス「foodpanda(フードパンダ)」の取扱店を拡大、7月1日から新たに東京都内の53店でサービスを開始した。

同時に北海道札幌市についても22 店を追加。ローソンのfoodpandaの取扱店数は合計82店(札幌市25店、福岡市4店、東京都53店)へと拡大。店舗で販売する弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、デザート、スイーツなどの食料品、飲料、酒類、日用品、雑誌などローソンで扱う商品約350品目を取り扱う。

ローソンのデリバリーサービス取扱店数は7 月1日時点で30都道府県の1893店となった。

ローソンでは、2019年8月に日本のコンビニでは初めて「Uber Eats」の導入を開始。新型コロナウイルスの影響によるデリバリー需要の高まりを受け、20年11月17日から新たなデリバリーサービスとしてfoodpanda、21年4月にはナチュラルローソンで「wolt」を導入した。また、21年2月からはUber Eatsでは国内初となる医薬品の配送を開始し、現在25店で展開している。

今回、取扱店を拡大するfoodpandaについては20~30代の利用者が多く、購入商品は他のデリバリーサービスでも上位に入る「からあげクン」の他、2ℓのミネラルウオーターやデザート、もち食感ロール(北海道生乳入りクリーム)などのスイーツなどが上位に入る傾向が見られるという。

ローソンとしては今後もさらなる利便性向上を目指し、フードデリバリーサービスの導入店の拡大を図っていく意向だ。

foodpandaローソン注文金額トップ3 (2021年5月実績)

1位/天然水2ℓ

2位/からあげクン レッド

3位/もち食感ロール(北海道生乳入クリーム)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」