Zホールディングスがアスクル、出前館と協働で日用品や食料品の「即配サービス」の実証実験を開始

2021.07.05

Zホールディングスは、グループ企業のアスクル、出前館と共に、日用品や食料品を即時配達する「即配サービス」の実証実験を2021年7月末から開始する。東京都板橋区を含む一部エリアで開始し、順次3~5エリアに拡大する予定。終了時期は未定だが、早期終了の可能性もある。

出前館のサービス上でアスクルが販売する商品を注文でき、決済後、最短15分~1時間で商品を受け取ることができるサービスで、Zホールディングス、ヤフー、LINEは集客やポイント施策などのマーケティング活動をサポートする。

ネットチャネルや配送への需要増が想定される中、飲料や衛生用品など「いますぐ欲しい」ニーズに応える取り組みの実証実験となる。

サービスの流れは、まず、アプリ、あるいはウェブサイトの「出前館」サービス上の「アスクル店」で商品を注文、配送先を指定し、決済を行う。

次にその注文情報を配達員が受領し、専用倉庫にて商品を受け取る。その後、配達員がバイクまたは自転車で指定の配達先に商品を届けるという流れとなる。

取扱商品は約300種類の予定で、洗濯用品、掃除用品、電池、ベビー用品、衛生用品、ペット用品などの日用品の他、チルド食品(予定)、冷凍食品、カップ麺、レトルト食品、パン、ジュース、酒類などの食料品や飲料などとなる。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」