花王がAIを活用した自動棚割りアルゴリズムで売場づくりの効率化に向けた実証実験を開始

2022.04.22

2021.07.08

花王は、コンシューマープロダクツ製品の販売を担う花王グループカスタマーマーケティングとエル・ティー・エスが共同開発したAI(人工知能)による自動棚割りアルゴリズムの実証実験を2021年7月から開始。棚割作業の自動化による業務改善と販売店の売場づくりの効率化を目指す。

棚割業務は、店舗ごとに異なる売場規模や商品構成などに応じて数多くのパターンを人が経験をもとに時間をかけて作成する必要があり、販売店、メーカー、ベンダーにとって大きな業務負担となっている。

そこで花王は、棚割業務の効率化による作業時間、コストの削減を目指し、人が作成した基本パターンをもとにその商品構成や配置に準拠しつつ、拡大、縮小パターンを自動的に作成できる「AI自動棚割り生成アルゴリズム」をエル・ティー・エスと共同で開発した。

このアルゴリズムを活用することで最大で棚割作業時間を従来の60%削減できると見込む。今後、販売店との実証実験を通して効果検証とさらなる改善・効率化を目指す。

将来はAIの進化によって店舗周辺の地域特性やお客の購買行動の変化を検知し、より効果的な棚割りを自動生成することでさらなる棚割業務の効率化と、売上げ、利益の改善や欠品、返品の削減による売場生産性の向上を目指すとしている。

花王は、2021年から25年までの花王グループ中期経営計画「K25」を策定。Vision(ビジョン)として「豊かな持続的社会への道を歩む(Sustainability as the only path)」と定めた。 このビジョンを実現するため、デジタル技術を活用してデジタルトランスフォーメーショ ン(DX)を進め、新事業の始動と既存事業のイノベーション強化、働き方改革と活動生産性の向上を目指す。

さらにDXを通じてお客との直接的、かつ持続的な関係を築き、新しい価値体験を提供し続けると共に、業務内容そのものや組織、プロセス、コスト構造、さらには企業文化・風土を変革していく。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …