プラネットが、流通業界専用の新サービス「THE PRODUCT TIMES(ザプロダクトタイムズ)」をリリース

2021.08.16

2021.08.17

プラネットは、流通業界において製品のPRや販促活動をタイムリーに伝えたいメーカーと、魅力的な商品や重要な販促情報を知りたい卸売業、小売業をつなぐ新たなマッチングサービスとして「THE PRODUCT TIMES(ザプロダクトタイムズ)」を開発した。まずは、メーカー向けに8月からサービスを開始し、登録される商品情報の充実を図っていくとしている。卸売業、小売業向けには、10月からサービス開始予定となっている。

「THE PRODUCT TIMES」パソコン、スマホ画面

新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、商談や展示会の機会が減少する中、卸売業、小売業に自社製品の魅力をどのようにアピールするかはメーカーにとって大きな課題となっている。

一方、卸売業や小売業のバイヤーもコロナ禍での製品情報収集に問題意識を持っており、プラネットの調べでは70%が「現状に問題あり」と回答している。

『2021年春夏新製品カタログ』申し込み小売業178名から回答、プラネット調べ

メーカーは自社製品の基本情報に加え、製品の開発背景、ターゲット、使い方などの訴求情報をウェブサービスの専用ページに掲載する。利用シーンの動画やCM、キャンペーンの告知、生活者向けイベント開催状況などをソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のような手軽さでタイムリーに発信できる。

また、掲載した情報が卸売業、小売業にどの程度伝わり、活用されたかをグラフ分析などで確認することもできるなど、製品紹介から販促活動に至るメーカーの営業業務を支援するウェブサービスだとしている。

なお、2022年1月末まで無料キャンペーンを実施している。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」