イオングローバルSCMなど5社がAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用した共同実証事業を開始

2021.09.17

大和ハウス工業とイオングローバルSCM、花王、日立物流、豊田自動織機の5社は、サプライチェーンの結節点であるトラックの積卸しを自動化するために、AI(人工知能)を搭載した自動運転フォークリフトの実用化を目指すと共に、荷主間の計画的かつ効率的なトラック運行を実現することでサプライチェーン全体の効率化・省エネ化に取り組む実証事業を9月から行うと発表した。

経済産業省資源エネルギー庁公募事業である令和3年(21年)度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業」において、物流施設でのAIを搭載した自動運転フォークリフトなどを活用しトラック運行と連携させることで荷役効率化、物流効率化、省エネ化に取り組む共同事業の提案が採択された。

なお、9月16日に交付決定された令和3年度の応募は、大和ハウス工業、イオングローバルSCM、花王、日立物流の4社によるもの。

事業期間は令和5年度(~24年3月)までの複数年度で計画され、本年度(~22年3月)は核となるトラックの積卸しの自動化技術の確立を目指して活動する。

令和4年度(~23年3月)には共通システムとの連携、積卸しにおけるスワップボディコンテナ(車体と荷台が分離でき、分離中に荷役作業の実施が可能な車両)の有効活用、AIを搭載した自動運転フォークリフトの前後の工程にパレタイジングロボット(荷積み〈パレタイズ〉や荷卸し〈デパレタイズ〉の作業を行うロボット)を活用し自動化の範囲を広げることでさらなる効率化を図る。

令和5年度にはAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用した効率化、省エネ技術が広く普及するように実証や検討を進めていく。

労働力不足にもかかわらず、人手作業の状態を効率化

今回の実証事業のポイントは、①自動運転フォークリフトを用いた物流施設の「入荷」と「出荷」の自動化、②サプライチェーン全体の効率化を実現するための事業者間のデータ連携、③発着荷主間でのトラックの待ち時間短縮による効率化、エネルギー削減の3点。

運輸部門の最終エネルギー消費量は産業部門に次いで多いため、サプライチェーン全体の輸送の効率化を進めることによって省エネ化を図ることが重要となっている。

現在、物流業界でのトラックドライバーやフォークリフト運転者などの労働力不足が課題となっている。物流施設内での省人化と、発着荷主間で連携した輸送の効率化が必要とされる。

また、物流施設間の輸配送では、物流施設の「入荷」と「出荷」のタイミングにトラック運行を連携させることで待機時間を削減するなど、さらなる効率化が求められている。

一方、物流施設内の業務では、荷物のピッキングや無人搬送車(AGV)など、一部の自動化は進んでいるものの物流施設の「入荷」と「出荷」においては作業が複雑なため、いまだに大半が人手作業で行われている。

そのような中、サプライチェーン全体の効率化・省エネ化に取り組む実証事業の公募が行われ、今回の令和3年度として4社による共同事業の提案が採択された。

実証事業イメージ図
AIを搭載した自動運転フォークリフト

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」