ドン・キホーテ店舗でサイネージ視認率計測の実験実施

2022.01.12

株式会社パン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスと株式会社ピースリーはドン・キホーテ中目黒本店にてサイネージの視認率計測実験を実施した。

●実験概要

【実施場所及び実施期間】
実施場所:ドン・キホーテ中目黒本店
実施期間:2021年10月7日~2021年11月2日の約4週間

【実験内容】
ピースリーの新製品である、背面照射型BIRDEYES(バードアイズ)を店舗の5カ所に設置。表示画面上部に取りつけた超小型カメラにて、人影と目線を計測し視認率を算出。

以下の4パターンでの視認率の違いを計測。
1.場所による視認性の違い
2.画面サイズによる視認性の違い
3.音量による視認性の違い
4.P3特殊加工画面(※)での視認性の違い

【実験概要図】

【実験結果と考察】
約4週間に渡る実験の結果、設置場所による視認率の違いは極めて大きく、「商品棚の上部」「歩行通路上部」「通路分岐地点」「階段踊り場」「店舗入り口」にて最小1%~最大12.61%の違いがみられた。実験では、利用者の来店頻度に応じ、視認率は著しく低下していく傾向がみられ、2週間で20%~30%の視認率の低下が確認された。

また、32インチ画面・43インチ画面・P3特殊加工画面を1週間毎に変更し、視認率を計測したところ、32インチから43インチへの画面変更では、視認率の違いが見られず、43インチから最大84.7%の視認率の上昇がみられた。

更に時間帯による視認率の違いも、最大値と最小値に3倍程度の開きがあり、来店される利用者の年齢層、来店目的によりサイネージの視認率に大きく影響している事が分かったという。

※P3特殊加工画面 新製品BIRSEYESの背面照射パネルの周りにPOPを融合させたもの

【実験後ドン・キホーテご担当者の声】
「今回の視認実験では、場所による視認計測だけにとどまらず、時間帯によるサイネージへの関心の違いや、御客様の買い物時の歩行速度などを確認することができました。P3社の新製品であるバードアイ(背面照射型サイネージ)は、天井補強工事が不要な、ワイヤー吊り下げ型である点に利用価値の幅広さに新しいサイネージの形を感じました。ただ、頻繁に売り場のレイアウトを変更するため、サイネージも移動させる必要がある事や、明るい場所でのディスプレイの見え方にも課題があり、今後の進化に期待したいと考えています。」

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。