ワタミ、ラクスルとのポスティング実証実験でエリアによる商圏傾向を発見

2022.04.19

ワタミ株式会社とラクスル株式会社は、チラシのポスティングに関するOMOマーケティングの実証実験で、エリアによる商圏の傾向を発見したと発表した。

実証実験結果サマリー

①エリアにより読み込まれるコンテンツ(QRコード)ボリュームに差が発生
クリスマスメニューが多く読まれるエリア、グランドメニューが多く読まれるエリア、公式アプリへのアクセスが多いエリア、デリバリーが多いエリア、クリエイティブによる反響など、エリアにより読み込まれるコンテンツに差が発生した結果になった。特に、駅前店舗ではデリバリー需要が高く、かつ関東ではUber Eats(35.7%)、関西では出前館(19.5%)が多く読み込まれるなど、同じ駅前店舗でも利用意向が異なることが判明した。

②読込まれたコンテンツ(QRコード)からエリア内の居住者のユーザー属性が異なる可能性を発見
クリスマスメニューが多く読み込まれ注文のあったエリアとグランドメニューが多く読み込まれお弁当1個の注文があったエリアでは、注文者のユーザー属性が異なる(一般世帯・単身世帯など)傾向があると考えた。また、同じ首都圏エリアでも半径数100メートルの差で読込まれる内容、注文内容が異なり、エリア内の居住者属性が数100メートル単位で異なる可能性があることを発見した。
 

  • 実施の背景

OMOマーケティング実証実験結果詳細

ワタミ「から揚げの天才」にて2021年12月14日(火)よりポスティングのテストを実施。店舗業態(ロードサイド店、商店街内店舗など)ごとに商圏となるエリアを選定し、チラシデザインのABテスト、チラシ内のどのQRコードが読込まれたか、タイミングなどを分析し傾向を調査。
 

【配布期間】12/14~12/24
【実施店舗】
①ロードサイド店舗(関東)
②駅前店舗(関東)
③商店街内店舗(関東)
④駅前店舗(関西)
【エリア分け】A:0~800m B:800~1,500m
【配布数】A:8,000部 B:8,000部

エリアが異なってもほぼ同じアクセス傾向
特にクリスマスメニューに関する関心が50%以上の結果となった。

エリアA、Bにより読み込まれるコンテンツに大きく差が発生。エリアAではUber Eats、公式アプリの順、エリアBでは特別価格、クリスマスプレートメニューの順でアクセスが伸びたこのAエリアのみUber Eatsへのアクセスが他エリアと比較し顕著に多い。

商店街に近いエリアに住んでいるAのユーザーは裏面公式アプリへのアクセスが多く、情報収集と持ち帰り傾向にあることが分かった
商店街から少し離れたエリアBのユーザーでは①のロードサイド店舗と似た傾向ではあるものの、デリバリー需要が少し高い
 

エリアA、Bともに特別価格とクリスマスメニューへのアクセスで半数近くを占めることになったエリアBでは他エリアに比べ、出前館へのアクセスが多い傾向
に。

ワタミ株式会社 外食事業 マーケティング部 部長 竹下 慎一 氏
「ラクスル様との連携により、これまで効果計測が困難だったオフライン販促の成果を可視化することに一歩近づくことができました。エリアによっては意外性のある結果となった部分もあり有意義な実証を行えたと思います。今後においては角度を変えながら実証を重ねる中で一定の法則を導き出しながら、より効率的なエリアマーケティングを実現し、店舗への後方支援を強化したいと考えております。_

ラクスル株式会社 ラクスル事業本部 インキュベーション統括 近藤 賢志
「今回の調査を通じて、店舗にはそれぞれ商圏があり、その商圏に住んでいる人たちは地域性を帯びていることがわかってきました。地域性はユーザーの意思決定のプロセスにかなり起因することから、エリア販促の最適化の鍵はこの地域性の種明かしが重要であると考えております。
ラクスルが培ってきた販促の経験値を用いて、「生活者に合わせた最適な販促」をより簡単に実施できる世の中を目指していきたいと考えております。」

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …