東急百貨店、本店で「食品ロス防止サブスク」を初受付

2022.05.18

東急百貨店では、株式会社ロスゼロが提供する製菓材料を使用してつくるアップサイクルブランド『Re:You(りゆう)』を販売するほか、食品ロス防止サブスクリプションの申し込みを受け付けを行う。百貨店での受付は東急百貨店が初めてとなる。

■ <ロスゼロ> 特別出店概要
< 会期 >:5 月 19 日(木)~23 日(月) 10:30~18:30
< 場所 >:東急百貨店 本店 地下1階 特設スペース

■取り組み経緯と目的
東急株式会社が主催する東急アライアンスプラットフォーム2021 DemoDayにて、ロスゼロは東急株式会社 沿線開発事業部との取り組み(販売会、不定期便受付)、東急百貨店への出店等について発表し、オーディエンス賞、SOIL 賞を受賞。

食品ロス問題という社会課題をより日常的に消費者に知ってもらうために、オンラインを中心に食品ロスを防ぐサブスクや食品販売を行うロスゼロと、オフラインを中心として消費者とコミュニケーションを持ち続ける東急百貨店が取り組むことで、楽しく美味しくポジティブなエシカル消費を両社で発信していくことで目的が一致した。なお、百貨店でのサブスク受付は東急百貨店が初めてとなります。

■「ロスゼロ不定期便」概要
不定期・不定量に発生する食品ロスの特色をネガティブに捉えるのではなく、むしろ何が送られてくるかわからないことをポジティブに捉え、2か月に一度、ワクワク福袋が届くサブスクリプション・サービス。余剰分の食品が多く発生したタイミングを優先してお届け。

■ロスゼロオリジナルブランド「りゆうシリーズ」
未利用原材料を使って製造したアップサイクル商品「りゆうシリーズ」。ロスを未然に防ぎ循環型社会をつくるDtoCの新しい消費の流れをつくり、好評を得ています。合計出荷点数は2万点を突破。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …