河原町オーパ 食品ロス削減ボックスを導入

2022.08.02

河原町オーパは、2022年8月1日より、ZERO株式会社が運営する食品ロス削減ボックス「fuubo(フーボ)」を導入した。

「fuubo(フーボ)」は、1/3ルールなどの理由から廃棄される商品を、定価の3割〜9割引で販売し、非対面・非接触で受取りできる冷蔵機能付き無人販売機となる。

■食品ロス削減ボックス「fuubo(フーボ)」導入について
・日 程:2022年8月1日(月)~
・場 所:6階 エスカレーター横、9階 従業員用休憩室内
・内 容:食品ロス削減と当施設従業員の福利厚生の充実を図るため、
「fuubo(フーボ)」を設置。


■「fuubo(フーボ)」の概要と利用方法
・「fuubo(フーボ)」はまだ美味しく食べることができるにも関わらず、1/3ルールなどの理由から廃棄されてしまう可能性のある商品を、定価の3割~9割引で販売し、非対面・非接触で受取りできる冷蔵機能付き無人販売機。

・未利用食品を買うことに同意したユーザーは、最初に専用WEBサイトから「fuubo(フーボ)」が設置されている場所を選び、次に商品をオンライン決済にて購入。購入が完了すると、商品の受け取り用URLが発行され、「fuubo(フーボ)」に貼付されているQRコードを読み取ることで、ロックが解除されて商品を受け取ることができる。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …