デロイトトーマツが『世界の小売業ランキング2021』発表、アマゾンが2位に

2021.06.24

デロイトトーマツグループが『Global Powers of Retailing』の最新版を日本語訳したレポート『世界の小売業ランキング2021』を発表した。

本レポートは、全世界の小売企業から2019年度(20年6月30日までを期末とする事業年度)の売上高上位250社をランキングにまとめたもので、地域別、商品セクター別に分析している他、世界経済の展望に加え、急成長小売企業50社と上位250社へ新たに加わった企業についても解説している。

今回の調査結果として、上位250社の総小売売上高は4兆8500億米ドル(前年度は4兆7400億米ドル、約521兆4000億円=1ドル110円換算、以下同)、平均小売売上高は194億米ドル(約1兆9400億円、前年度は190億米ドル〈1兆9000億円〉)、14年から19年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%となった。

今年度、上位10社に新たな企業の登場はなかった。トップは前年同様、ウォルマート。アマゾン・ドット・コム(アマゾン)が前年から順位を上げ、昨年まで6年連続2位にランクインしていたコストコを抜き、ウェルマートに次ぐ世界第2位の小売企業となった。アマゾンは15年度に初めて10位にランクインして以降、 毎年順位を上げてきた。

日本企業でトップ250入りした企業数は昨年より1社減の28社となった。最上位は14位にランクインしたイオン。今回、ヤオコーが初めてトップ250入りし、249位にランクインを果たした。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」