カインズが「カインズ・オフショア・ディベロップメントセンター」を立ち上げ

2022.04.22

2021.10.11

カインズは、インド最大手のITサービス企業であるタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)とのパートナーシップに基づいて、日本のホームセンター業界初となる「カインズ・オフショア・ディベロップメントセンター」を立ち上げた。9月から本格的な稼働を開始したと発表した。

世界に通用するエンジニアを育成し、海外のエンジニアと自社のエンジニアが1つのチームとなって、迅速かつ柔軟にお客のニーズに応じたデジタルサービスを開発することで、デジタル開発をスピードアップしていくとしている。

カインズは、2019年以降を「第3の創業」と位置づけ、「IT小売企業」としての新しい価値創造を目指している。

企業変革の鍵となるデジタル戦略を進める上で重要となるのが「IT人材」と考え、IT人材の採用を積極的に進めることを目指して東京・表参道の新拠点「CAINZ INNOVATION HUB」を開設したり、エンジニアの働き方に合わせた勤務体系を取り入れた子会社を設立するなど、IT人材が働きやすい環境を整備してきた。

現在のデジタル戦略本部は約180人体制にまで拡大。内製化によるアジャイル開発を進めることで、多数のプロダクトの開発やリリース、アーキテクチャ改革など一定の成果を出しているという。

さらに、お客の購買行動の変化やニーズに合わせたサービスを提供し続けるために、より一層開発スピードを向上させる必要があると考え、今回、TCSとのパートナーシップに基づき、オフショア開発拠点としての「カインズ・オフショア・ディベロップメントセンター」の立ち上げに至った。

TCSが擁するグローバルのリソースやケイパビリティを活用しつつも、一般的なオフショア開発とは異なり、カインズ側がリーダーシップを持ちながら、TCS所属のカインズ専任のエンジニアと1のチームとして開発を進めるとしている。

カインズのエンジニアにとっても、海外のエンジニアと一緒に開発することはスキルアップやノウハウの蓄積につながるなど、世界で通用するエンジニアへの成長も期待できる。

カインズでは25年2月期には、デジタル戦略本部を430人体制、うち、オフショア人材130人とする予定だ。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …