ナショナルブランドとは?プライベートブランドとの違い、メリット・デメリットなどを解説

2022.04.27

日本国内はもちろん、全世界中に著名なナショナルブランド(NB)がある。一方、ナショナルブランドと対極の存在として位置付けられるのがプライベートブランド(PB)である。2つのブランドからは、メーカーと小売業者、卸売業者の関係性を把握できる。この記事では、ナショナルブランドの概要とプライベートブランドの違い、ナショナルブランドのメリットとデメリットを解説する。

ナショナルブランドとは?

ナショナルブランドとは、一般的に製造者(メーカー)が自社商品やサービスに付けたブランドを指す。商品の企画、開発、製造までを製造者が責任を持って行い、市場へ流通させる。

ナショナルブランドの商品やサービスは日本全国の小売店などで販売され、広告活動についてもメーカーが行う。そのため、ナショナルブランドの商品やサービスは日本全国の店舗やEC(電子商取引)サイト、テレビCMなどで見かける機会が多く、知名度が高いのが特徴だ。

ナショナルブランドとプライベートブランドの違い

ナショナルブランドと対になる存在に、プライベートブランドがある。ナショナルブランドとプライベートブランドの違いについて解説する。

プライベートブランドとは

製造者が開発したブランドがナショナルブランドであるのに対して、プライベートブランドとは小売業者や卸売業者が主体的に開発したブランドのことだ。日本ではダイエーの「セービング」をはじめ、1980年代よりプライベートブランドが徐々に台頭するようになった。なお、現在良品計画の「無印良品」ブランドは、かつては西友のプライベートブランドだった歴史を持つ。

プライベートブランドの代表例は以下の通り。

・イトーヨーカドー、セブン-イレブンなど「セブンプレミアム」

・ローソンストア100「バリューライン」

・ファミリーマート「ファミマル」

・イオン「トップバリュ」

・西友「みなさまのお墨付き」「きほんのき」

ナショナルブランドと異なり、プライベートブランドの場合、製造は委託先の製造者が行い、販売や在庫管理、宣伝などを小売業者、卸売業者が行うケースが多い。製造元と販売元が異なるのが、プライベートブランドの特徴の1つだ。

販売している場所が異なる

ナショナルブランドは、当然のことながら日本全国のさまざまな場所で販売しているのが特徴だ。異なる形態の小売店、卸売店でももちろん販売される。

一方、プライベートブランドに関しては、こちらも当然のことながら基本的にはブランドを手掛ける小売店や卸売店、系列店のみで販売される。例えば、イオンの「トップバリュ」商品を取り扱うのはイオン系の企業のみ。

販売価格が異なる

一般的にプライベートブランドは、ナショナルブランドよりも流通過程にかかるコストをカットできることから価格を抑えて同種類の商品の製造や販売を実現している。

ナショナルブランドのメリット・デメリット

プライベートブランドとの違いを踏まえて、ナショナルブランドのメリット・デメリットを解説する。

ナショナルブランドのメリット 

ナショナルブランドの最大のメリットが、ブランドにおける信頼性の高さだ。企業や商品の知名度が高く、消費者からの信頼性が高いことで販売店側との取引でも優位に立ちやすい。ナショナルブランドによる企業や商品のブランディングによって、顧客のロイヤリティを高め顧客をファンに育てやすいメリットもある。

販売できる場所の制限がないため多くの顧客へ販売機会が得られるメリットもある。

ナショナルブランドのデメリット

ナショナルブランドは、日本全国のあらゆる店舗で販売できる分、価格競争になることも少なくない。また、一般的にブランディングのために販促などに多くのリソースやコストをかけているが、これはデメリットになるかもしれない。

プライベートブランドの製造を大手メーカーが手掛けることも少なくないが、そのため、ナショナルブランドとプライベートブランドの製造元が同じメーカーとなり、競合となってしまうこともある。

これにはナショナルブランドのシェア争いが関連していることもあるが、いずれにしてもプライベートブランドの製造を手掛ける場合、どのような品質で、どのような価格で開発するか、ナショナルブランドとのバランスなど、さまざまな要素が絡む複雑な要素があることも確かである。

ナショナルブランドまとめ

ナショナルブランドの概要、ナショナルブランドとプライベートブランドの違い、ナショナルブランドのメリットとデメリットを解説した。ナショナルブランドは知名度が高く、日本全国でも多くの小売店で目にする機会がある。

一方、小売業者や卸売業者の取り組みや努力により、品質面とコスト面を両立させたプライベートブランドも数多く台頭している。今後も多くのナショナルブランドとプライベートブランドが誕生し、互いに競い合うことで市場における商品品質や価格面での相乗効果が期待できるだろう。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …