ローソンストア100が、YouTubeチャンネルと初コラボ。オリジナルパンの開発に挑戦

2022.04.22

2022.03.14

株式会社ローソンストア100が運営する「ローソンストア100」(669店舗/2022年2月現在時点)では、人気YouTubeチャンネル「落合陽平の10万ボルトTV」とのコラボレーションを決定。

メインパーソナリティーの落合陽平氏らと共に、常識に捉われない自由な発想でオリジナルパンの開発に挑戦する。

■「落合陽平の10万ボルトTV」とのコラボレーションの背景

近年、大きな発信力をもつ「You Tubeチャンネル」。中でもチャンネル登録者数74万人を超えるエンターテイメントチャンネル「ゾゾゾ」の派生チャンネル「落合陽平の10万ボルトTV(以降10万ボルトTV)」にローソンストア100との親和性を感じ、今回のコラボが決定。

「10万ボルトTV」は「おじさんによる、おじさんの為のエンターテイメントプログラム」を謳い、お酒に合うおつまみを作る企画などが人気。メインパーソナリティーの落合陽平氏が、お酒を片手に自己流のおつまみを開発し、美味しそうに召し上がっている姿に、ローソンストア100のパンの開発担当者(安在 裕樹)が心惹かれ、ラブコールを送ったのがこのコラボレーションのきっかけだ。

■初回の商品開発風景(2021年11月)

「10万ボルトTV」のメンバー全員で、パン・具材・ソースの組み合わせを作っては試食、作っては試食を繰り返した。「ぜったい合わない」と思った組み合わせもまずは先入観なく試してみるスタイル。

ローソンストア100の安在(パン開発担当)も試食に参加。

■落合さん、栗田さん、三輪田さんの開発コンセプト

落合陽平氏:自分自身もお酒が好きですし、安在さんからのご要望もあったので、ズバリ「お酒に合うパン」を作ります!
ディレクター栗田氏:試食でビビッと来たのが、真っ赤な食材の「アレ」です。「アレ」をふんだんに使う予定です。
スタッフ三輪田氏:試食段階で一番美味しかったのは自分の物だと思っています。常識を覆す組み合わせに挑戦しました!

商品開発の模様は、3月11日から配信の「落合陽平の10万ボルトTV」で紹介。また、完成したパンのお披露目は、3月18日にローソンストア100のホームページに情報を掲載するほか、3月18日18時から配信の「落合陽平の10万ボルトTV」でも詳細を放映予定。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。