コロワイドグループが配膳・運搬ロボット「Servi」導入。コロナ影響による人手不足解消へ

2021.12.30

株式会社コロワイドは、2021年12月より、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Servi(サービィ)」に、業界ニーズに合わせたアイリスオーヤマ株式会社独自のオプションの追加を可能にした「Servi アイリスエディション」を今期中に「ステーキ宮」・「牛角」・「北海道」・「土間土間」などの100店舗にて順次導入する。 

Servi利用イメージServi利用イメージ

コロワイドグループでは、従業員との接触機会を減らし、少しでも利用者の不安を払拭したいという想いから、配膳・運搬ロボット「Servi」を導入した。Serviの動作は滑らかで、料理や空いた食器を安定して運ぶことができ、“声を発するロボットが接客する”という新しい体験を届ける。

外食産業における慢性的な人手不足や少子高齢化の進行に伴い今後も働き手不足が考えられる中、Serviの活用でサービス力を補充を狙う。配膳・運搬をロボットが行うことで、従業員の負担軽減し、多くの時間を他の接客業務に充てる事ができるという。従業員の集まりづらい昼や夕方の早い時間帯に稼働する事で、営業効率の最大化を図る。

2022年3月末までにステーキ宮122店全店導入完了見込み。

■Servi概要

© IRIS OHYAMA  SoftBank Robotics

高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運ぶことができる。最短60cm※の幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズ。

※利用環境・利用方法によって必要な通過幅は異なる。

360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、総積載量も35kgと、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能。

お役立ち資料データ

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    【PR】株式会社ドリーム・アーツ 成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録。 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社…