JR西日本グループ、スタッフDXのアプリケーションサービス活用。スタッフコーディネート発信で、リアル店舗への来店促進を目指す

2022.04.22

2022.01.25

JR西日本SC開発株式会社は、株式会社バニッシュ・スタンダードが提供する、スタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を「ルクア大阪」および「天王寺ミオ」、ならびにJR西日本アーバン開発株式会社運営のピオレ姫路の各公式サイトに、2022年2月1日より導入する。

テナントスタッフのコーディネートをきっかけとした、店舗への来店促進を目指す。

身近なスタッフコーディネートの発信を通じて、リアル店舗への来店促進を

コロナ禍を経てショッピングセンターは、非接触非対面やオンラインの仕組みが広がる一方で、「リアルの価値」が改めて再認識されている。

JR西日本グループでは、リアル・オンライン問わずあらゆる接点で利用者との緊密なコミュニケーションに力を入れきた。今回、テナントスタッフが各SCの公式サイトに同時投稿することで、鮮度の高い情報を顧客へ提供するため、スタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を導入した。

導入開始時のコーディネート掲載店舗(予定)は、ルクア大阪33店舗、天王寺ミオ16店舗、ピオレ姫路12店舗からスタートし、順次掲載店舗を増やす予定だ。

JR西日本SC開発株式会社 スタッフスタート導入プロジェクトリーダー
「コロナ禍を経て、SCにおいては、非接触非対面やオンラインの仕組みが広がる一方で、デジタルでは替えることのできない現地・現物・現人による体験がより大きな満足や感動をもたらすという「リアルの価値」が改めて再認識されていると思います。そうした中で私たちは、お客様の行動において変わるもの・変わらないものを見定め、新しい生活様式に対応すべく、駅立地の利便性と魅力的な店揃えを強みにしながら、スマートフォンアプリ「WESPO」等を活用し、リアル・オンライン問わずあらゆる接点でお客様との緊密なコミュニケーションに力を入れてきました。

今回、新たにスタッフスタートをSCとして導入する意味は、「店舗」やそこで働く「スタッフ」というリアルの価値を一層、引き出したいからです。
既に店舗において導入されている仕組みを活用することでテナントスタッフの皆さまに大きな負担を新たにかけることなく、SCの様々なお客様にリアルに根差す魅力を伝えることにより、「このお店のこの人から買いたい」につなげ、テナントスタッフの皆さまの「ここで働くことが楽しい」という気持ちにつながっていくことが、リアルの価値を高めることになると考えています。
私たちとしては、参加店舗全体のスキルアップを図ったり、SC独自の表彰制度など、テナントスタッフの皆さまを積極的にサポートしていきたいと考えています。」

■ルクア大阪
所在地 大阪府大阪市北区梅田3-1-3(JR大阪駅直結)
施設URL https://www.lucua.jp/

■天王寺ミオ
所在地 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39(JR天王寺駅直結)
施設URL https://www.tennoji-mio.co.jp/

■ピオレ姫路
所在地 兵庫県姫路市駅前町188-1(JR姫路駅直結)
施設URL https://piole.jp/himeji/

 ■「STAFF START」について

「STAFF START」は、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービス。導入しているアパレル企業で最も利用されている「コーディネート投稿機能」は、テナントスタッフなど店舗スタッフが撮影したコーディネート画像に商品情報などを紐づけてECサイトやSNSに投稿する機能で、その投稿を通じて商品紹介やコーディネート提案といった接客対応を行うことができる。

STAFF STARTの主な機能
コーディネート投稿機能:店舗スタッフが撮影したコーディネート写真に商品情報を紐づけ、ブランドの自社ECサイトやSNSなどに投稿する機能
スタッフレビュー機能:店舗スタッフが商品についてのレビュー(評価・コメント)を作成し自社ECサイトやSNSに投稿できる機能
PLAY機能:店舗スタッフが商品の使用感や使用プロセスなどを撮影した動画に商品を紐付け、自社ECサイトやSNSに投稿できる機能
まとめ機能:店舗スタッフが、店舗でショーウィンドウをつくりあげるように、自社ECサイト上でテーマ設定から記事などのコンテンツを作成できる機能
・QRメモ機能:店頭で接客する店舗スタッフが買い回り中の顧客に対し、検討している商品のECサイト上での情報をQRコードで共有することができる機能
バイヤー機能:バイヤーやMD(マーチャンダイザー)などが販売を検討しているサンプル品の情報を販売スタッフに共有し、現場の販売スタッフが「売れそう」か「売れなそう」かを評価できる機能

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …