ゴーストレストランとは?仕組みやメリット、企業の取り組み事例などを解説

2022.04.14

2022.03.01

Uber Eatsや出前館など、デリバリーサービスは飲食店の利用方法として定着してきている。それに合わせ、「ゴーストレストラン」という飲食店の形態が広がりつつある。

ゴーストレストランとは、デリバリーを専門とする飲食店のこと。ゴーストレストランにはイートインスペースがないため、光熱費や家賃などのコストを抑えることができるといった特徴がある。

本記事では、ゴーストレストランとはどのような仕組みなのか、メリットやデメリット、また実際にゴーストレストランに取り組む企業の例も併せて紹介していく。

ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランとは、デリバリー専門の飲食店のことで、実際に飲食できる客席がない。飲食店といえば、調理場と客席があり、それぞれに担当のスタッフがいるものだが、ゴーストレストランで必要となるのは調理できるスペースと注文を受け付けるweb上のサービスのみだ。

利用したい客は、Uber Eatsなどのデリバリーサービスを通じて注文・決済をする。飲食店側は、間借りのキッチンやクラウドキッチンなどの調理場で、注文の品を調理。デリバリーサービスを通じて料理を提供する仕組みだ。基本的にイートインやテイクアウトができず、デリバリーのみで利用ができる。

元々はアメリカなど海外で人気のサービスで、日本でも2016年に日本進出したUber Eatsなど、デリバリーサービスの影響でゴーストレストランを運営しやすい環境へと変化している。

ゴーストレストランのメリット・デメリットとは?

イートインスペースを持たず、調理場のみで運営していくゴーストレストランにはどのようなメリット、デメリットがあるのだろうか。それぞれ見ていこう。

ゴーストレストランのメリット

初期費用やコストが抑えられる

飲食店を運営すると、店内の装飾に伴う内装工事、外装工事をしなければならないが、ゴーストレストランではそういった初期費用が抑えられる。クラウドキッチンなどの調理場の利用料はかかるが、光熱費や家賃が削減できるだけでなく、ホールスタッフの人件費がかからず、トータルとしてコストが抑えやすいことが特徴だ。

顧客データを獲得し、マーケティングに繋げやすい

客席のある飲食店では、年代や性別などの顧客データはどうしてもアナログに頼らざるを得ない。しかしゴーストレストランでは利用するデリバリーサービスにもよるが顧客データが獲得しやすいのが特徴だ。顧客データによるマーケティングもおこないやすくなるだろう。

メニューやコンセプトの変更がしやすい

イートインスペースを伴う飲食店では、メニューの変更に合わせて、メニュー表も変える必要がある。コンセプトを変える場合は、店内装飾にも影響が出るなど、簡単にはお店のテイストを変更しにくい。

ゴーストレストランではメニュー表や店内装飾の変更などをおこなわずに、web上の変更だけでメニューやコンセプトが変えられる。顧客データを基に、お店のスタイルを柔軟に変更することも可能だ。

立地による影響が抑えられる

客席を持つ飲食店では、駅近や住宅街、路面店やビルの中など、立地によって売り上げが左右される。ゴーストレストランも、周辺の飲食店の影響はあるが、実際にお客さんが足を運ぶわけではないため、イートインスペースを伴う飲食店よりも立地による影響は少ないだろう。

ゴーストレストランのデメリット

集客方法がweb中心になる

基本的にはweb上で集客しなければならない。例えば店内の空間や雰囲気、マスターの人柄などで集客をおこなうことはできなくなる。webマーケティングやweb広告といった方法を取らないと、お客さんへの認知度が上がりにくくなる。

デリバリー利用者にターゲットが限られやすい

客席を伴う飲食店であれば、来客者に加えてデリバリーの利用客、テイクアウト客のようにさまざまな顧客が存在する。通りすがりの方や、遠方の方が来店するケースもあるだろう。しかしゴーストレストランではデリバリーの利用客のみが対象となり、ターゲットがどうしても限定されやすい。

お客との関係性が構築しにくい

お出迎え、注文時、料理を運ぶとき、お見送りなど、飲食店ではさまざまなコミュニケーションが取れる。こういったコミュニケーションに加え、ゴーストレストランでは、店長との常連客の何気ないおしゃべりや、飲食する空間といった体験をベースにした価値提供ができない。

ゴーストレストランの事例

株式会社ローソン

出所:ローソン

ローソンではゴーストレストランの実証実験をスタートした。現在、全国約8,000店に店内厨房があり、デリバリーサービスも2,500店舗以上で展開。これを活かし、ゴーストレストランを今後展開していく予定である。

販売する商品は、ローソンの店舗の商品ではなく、デリバリーで人気のあるメニューから開発。店舗名(屋号)は「ローソン」ではなく、販売する商品に合わせた店舗名だ。Uber Eatsなどで注文を受け付けてから調理を開始するため出来立てを提供できる。2023年2月末に関東圏100店舗、2025年度に全国1,000店舗への導入を目指す

現在、実証実験をおこなっている店舗は、ローソン飯田橋三丁目店。店舗名(屋号)は「NY飯!チキンオーバーライス飯田橋三丁目店」だ。商品は、ご飯の上にスパイスで味付けされたチキンや野菜を乗せた「NY飯!スタンダード」(税込1,290円、配送料別)。

※上記は2022年1月27日(水)時点での実証実験の概要である。

株式会社イオンイーハート  

イオンイーハートでは、2020年10月29日から千葉海浜幕張エリアにてゴーストレストランを展開している。既存店舗のキッチンを活用したゴーストレストランで、取り扱っているのは下記の5ブランドだ。過去に運営していたファミリーレストランなどのメニューから派生した商品などを提供している。

・キーマカレー「グルメドール」 

・和食処「和ぐるめ」 

・クリスピーチキン「BomDia(ボンディア)」 

・中華料理「拉拉麺(りゅうりゅうめん)」 

・総菜弁当「彩菜厨房」 

株式会社ジェイアール東日本都市開発「ココデリ高円寺」

出所:ココデリ

株式会社ジェイアール東日本都市開発の新たな商業施設として、2021年12月17日に「ココデリ高円寺」がスタートした。

「ココデリ高円寺」は、デリバリーとテイクアウトの両方を扱う新しいゴーストレストランの形態。高円寺駅から阿佐ヶ谷駅の間の高架下で開業している。テイクアウトでは、商品の受け渡しの専門スタッフが対応する仕組みとなっている。

現在展開しているブランドはスープカレー専門店「こくうまや」、焼肉専門店「東京育ち」、フルーツサンド専門店「とよふる」、ハンバーグ専門店「BurgLab 5004(バーグラボコウエンジ)」の4ブランド。

注文は、Uber Eats、出前館に加え、モバイルオーダー&ペイシステム「Okage Go店外版」で承っている。店頭に来たお客さんも逃さぬよう、店頭のキャッシュセルフレジ「Okageセルフレジ」によりその場で購入でき、商品を受け取ることができる。

株式会社Wiaas「Deli Station(デリステーション)」

「Deli Station(デリステーション)」は、2020年9月からフランチャイズ展開がされているゴーストレストランだ。コンセプトは「シェフのストーリーを届ける飲食店」。ジャンルを問わず、さまざまなシェフや企業と共に商品開発やブランド展開を進めてきた。Uber Eats、Wolt、出前館など対応するデリバリーサービスも豊富である。

2022年2月には株式会社Wiaasと株式会社ミリオンプレートが業務提携し、約150拠点に拡大。取り扱いブランドも2社合わせると約100ブランドとなった。

また、Deli Stationと野村不動産グループの都市型商業施設である「GEMS」が掛け合わさり、広いキッチンスペースやキッチンの見える化を推進するなど、次世代型のクラウドキッチンも提供している。

飲食店の新たなスタイルの一つに

ゴーストレストランには、お客さんとのコミュニケーションが取れない側面があるが、開業資金やコストが抑えられるなどさまざまなメリットがあり、飲食店開業へのハードルが下がることに繋がるのではないだろうか。導入事例を見ると既存企業がゴーストレストランの形態を取り入れて展開するケースもあり、新たな飲食店のスタイルの一つとなっていくだろう。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。