「YACYBER」がファミリーマート店舗にYACYBER直売所を試験導入

2021.02.15

近くの農産物直売所・農園の検索サービス「YACYBER(ヤサイバー)」を提供するYACYBERは、ファミリーマート門真三ツ島六丁目店内に、YACYBER直売所を2月16日から試験導入し、農産物の直売を開始する。コンビニ内でのYACYBER直売所の実施、およびJANコード利用のレジ販売は初めてとなる。

地方創生や地産地消を背景に生産者と消費者をつなげる「YACYBER」とファミリーマートの店舗で連携が決定した。YACYBERは「生産者様と消費者の思考と嗜好を繋ぐ」を企業理念とし、より多くの消費者においしくて新鮮な農作物を食べてもらいたいと考えている。

今後は他のファミリーマート店舗への導入も視野に入れ、コロナ禍で売上げが減少し販路に困っている生産者の新たな販売先としても連携していくとしている。

YACYBERは、YACYBER事業の他、store事業、食育事業などを行っている。「YACYBER直売所」は、大阪府松原市で運営しているYACYBER storeで使用している YACYBER store system(キャッシュレスシステム)を利用したキャッシュレス直売所の総称を指す。

タブレット端末を設置するだけで、 どこでも簡単にキャッシュレスの直売所を開設できるシステムになっている。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」