セブン-イレブンの移動販売サービス「セブンあんしんお届け便」が10年目迎える

2021.05.19

セブン-イレブン・ジャパンが消費者の買物支援策として取り組む「セブンあんしんお届け便」が5月18日、2011年の運用開始から10年を迎えた。「セブンあんしんお届け便」は11年5月に茨城県で開始以降、全国のセブン-イレブン店舗へ導入を拡大し、 5月18日現在、1道2府35県、稼働車両数は107台 に及ぶ。

少子高齢化などの社会環境の変化を背景に展開された店舗商品の提供

「セブンあんしんお届け便」は、少子高齢化や人口減少問題の他、食品販売店などの小売店舗をはじめとしたさまざまな拠点数の減少といった社会環境の変化を背景に運用を開始した。

多くの地域で買物に対する困難を抱えるいお客のニーズに応えると同時に、新型コロナウイルスの感染拡大が継続している昨今、「より身近な場所で購入したい」というニーズにも対応したサービスにもなっている。

「セブンあんしんお届け便」の移動販売先は、山間の住宅エリア、個人宅、事業所と多岐に渡る。移動販売専用の車両として独自に開発された四輪駆動車は、加工食品や雑貨などを保管する常温モード、おにぎりなどを保管の20℃モード、サンドイッチなどのチルド品の5℃モード、アイスクリームなどのマイナス20℃と4温度帯での販売を行っているため幅広い商品に対応が可能。

販売商品は約150アイテム。おにぎりや弁当、サンドイッチなどのデイリー商品をはじめ、ソフトドリンクやカップ麺などの加工食品、アイスクリーム・冷凍食品、日用雑貨など地域のニーズに応じて加盟店が決定している。

「セブンあんしんお届け便」の歩み

2011年5月/顧客の買物支援に向けた本格的な移動販売「セブンあんしんお届け便」をセブン-イレブン常北下古内店(茨城県)にて開始

2012年2月/積雪寒冷地に対応すべく、北海道で移動販売車に初めて四輪駆動車を採用

2019年11月/全国で移動販売車100台稼働

2021年5月/「セブンあんしんお届け便」開始から10周年

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。