マルエツがOnline Delivery Ignica(オンラインデリバリー・イグニカ)の導入店舗を拡大、新生ネットスーパーへの切り替え本格化

2021.06.08

マルエツは従来のネットスーパー機能をさらに充実させたユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)開発のOnline Delivery Ignica(オンラインデリバリー・イグニカ)の導入を6月9日以降、順次拡大する。

オンラインデリバリーは店舗で取り扱う商品をスマートフォンやパソコンで注文し、自宅や配送エリア内の指定先で受け取れるサービスで、マルエツが従来から取り組んできたネットスーパーとは異なる仕組みで構築。一部店舗では、無人ピックアップルームやドライブスルーなど、店頭受け取り(Buy Online Pick-up In Store、BOPIS)サービスにも対応している。

マルエツでは3月4日の船橋三山店オープンに際して、周辺の2店(東習志野店、大久保駅前店)と併せ千葉県習志野エリアの3店で連携した形でオンラインデリバリーを実験的に開始した。

今回、6月9日から出来野店(川崎市川崎区)でのサービス開始を皮切りに、順次、導入店を拡大する。現在展開しているネットスーパーからの移行を含め、同社が出店する地域を包括する取り組みとして今年度中に40店への導入を目標とし、サービスエリアを拡大する予定だ。

マルエツの場合、連携するポイントサービスを「T ポイント」と「イグニカポイント」から選ぶことができる。また、導入から一定期間、付与するポイントを増加させるなど特典を用意し、入会を促す。

無人ピックアップルーム対応店舗

船橋三山店、大久保駅前店

ドライブスルー対応店舗

東習志野店、船橋三山店

オンラインデリバリー概要

使用料・入会金/いずれも無料

手数料/1回の配送につき200円(総額220円)、ドライブスルー、ピックアップルームで受け取りの場合、手数料はかからない

決済方法/クレジット決済、代金引き換え(手数料110円、総額)

商品の配送/配送時間帯指定(詳細時間指定はできない、配送便によって注文締切時間〈受付時間〉が異なる)

ポイント/買物200円(本体価格、値引後)ごとに1ポイントの「Tポイント」もしくは買物100円(同)ごとに1ポイントの「イグニカポイント」のいずれか

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」