東急ハンズが、デジタル活用によるお客と店舗の新しいつながりを拡大、よりよい買物体験を提供

2022.04.22

2021.07.09

東急ハンズは、お客の買物行動、ニーズの変容、多様化に応えるため、新たなデジタル活用のサービスを提供する。これまでも、会員向けアプリやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などデジタル上でのサービスやコロナ禍におけるお客とのコミュニケーションの強化を継続しているが、今後もお客が「いつでも、どこでも、ご自身の環境に合わせて」、従業員の商品知識に基づいた接客やお薦め商品を楽しんでもらえるようにサービスを提供、拡大していく。

●オンライン接客

東急ハンズ従業員の商品知識と品揃えをもとに、自宅にいながらスマートフォンやパソコンのビデオ通話を通して商品を比較・検討できる「オンライン接客」サービスを開始。

自宅でサイズなどを確認しながら相談したい人、外出せずに買物したい人、近くに東急ハンズの店舗がない人が、店舗と同じように買物を楽しめる。使用ツールは「LiveCall(https://livecall.jp/)」。

渋谷店(東京・渋谷)で6月下旬からDIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)カテゴリー(道工具、防犯、防災、シューケアなど)で実施中。在宅時間の増加に伴って自分で補修、メンテナンスをするお客が増えている中、初心者にもオンラインで分かりやすく案内する。

また、梅田店(大阪市北区)では、7月16日から「Hi Tenshu」プロジェクトの店主(文具、DIY、寝具)3人に、専門担当者の「ビューティコンシェルジュ」「シューケアマイスター」を加えた5人でサービスを開始する。

「Hi Tenshu」プロジェクトは、担当カテゴリーのマニアでコーナーのプロデュースもする従業員を「店主」として位置づけ、売場で積極的に案内をするプロジェクト。オンラインでも店舗と同様に「店主」、あるいは美容の専門担当者の「ビューティコンシェルジュ」、また、筆記・実技試験を通過し、協会公認の資格を持ったスペシャリスト「シューケアマイスター」が案内をする。

今後も、対象店舗やカテゴリーを増やすなど、サービスの拡大を進めていくとしている。

左から「ペンとインクの森文具店の店主」の武野氏、「ツクル・ナオスのお悩み解決商店の店主」の岡田氏、「ぐっすりスヤスヤ商店の店主」の内田氏、「ビューティコンシェルジュ」の田端氏、「シューケアマイスター」の森田氏

また、来店の上で従業員による接客を希望するお客に、待ち時間なくスムーズに案内できるように、一部の接客サービスをウェブから事前予約できる「接客予約」サービスも実施している。

渋谷店では、「ご案内スタッフ」がお客の悩みや要望に沿って、全フロアの商品から最適な商品を一緒に探す「接客予約」サービスを7月中旬から開始する。

●店内商品検索ウェブ「ドコアルノ」

探している商品が店内のどの辺りにあるのかを検索できるウェブサービス「ドコアルノ」の提供を一部店舗で開始する。2021年3月から心斎橋店のホームページに導入したところ、月に約4000件と、多くのお客の利用がある。

お客が自身のスマートフォンなどで検索でき、 店頭でのスムーズな買物にもつながると評価を得ていることから、7月下旬に渋谷店、8月中旬に梅田店でもサービスを開始する他、今後も順次導入店舗を拡大していく。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …