b8taが国内3店舗目を11月、東京・渋谷にオープン、カフェスペースを追加し、試食、試飲などを実証実験

2021.08.16

ベータ・ジャパン(b8ta)は、東京・渋谷に国内3店舗目となる「b8ta Tokyo – Shibuya」を11月にオープンすると発表した。

外観予想図

新店舗は渋谷駅から徒歩約1分に立地。コンセプトを「より進化した体験型ストアを見据えた実証実験店舗b8ta 1.5」とし、b8taのビジネスモデルであるRaaS(Retail as a Service)をさらに進化させるために、次の3つの新しい取り組みを実施する。

①新たにカフェスペースを設置し、食品カテゴリーの体験拡充

カフェスペース予想図

カフェスペースではコーヒーなどの飲料を提供する他、既存店舗で取り扱いが少なかった食品カテゴリーを充実させ、試飲や試食など五感に訴える体験を充実させる。

②店内での体験をリッチにするアプリケーションの開発

より手軽に店内で商品やサービスの体験や発見を可能にし、帰宅後も店内で体験した商品情報を覚えておけるアプリケーションを新たに開発し、提供。

③フレキシブルなイベントスペース

従来の店舗では店内のレイアウトを自由に変更することが難しかったが、可動式什器を導入することで、大型商品設置やイベントなどのさまざまなニーズに沿ったレイアウトが可能になる。

b8ta Japanの北川卓司代表はオープンに当たって、次のようにコメントしている。

「昨年の8月に有楽町と新宿にb8taTokyoを2店舗同時開業してから1年が経過しました。約45万人のお客さまにご来店いただき、約1150万回の商品/サービスとの出会いを創出いたしました。コロナ禍で実店舗の在り方が見直されている中、「より進化した体験型ストアを見据えた実証実験店舗b8ta 1.5」をコンセプトに掲げたのは、実店舗での体験価値向上のために今どのような機能や体験が実店舗で求められているのかを探るためです。一人でも多くの方の声を集め、さらなる新しい発見や体験を訴求してまいります」

なお、今回、オープンを記念し、例えば限定8ブランドを月額8万円で6カ月間出品可能(別途審査あり)、渋谷区内に本社を置くブランドは特別価格で提案といった、さまざまな出品パッケージを用意している。問い合わせは、https://business.b8ta.jp/partner-with-usまで。

b8ta Tokyo – Shibuya概要

オープン予定日/2021年11月中を予定

所在地/東京都渋谷区渋谷1-14-11小林ビル1階

営業時間/11時~19時30分

店舗面積/73.48坪(共有部含む)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」