【大阪祭開催】ユニクロ心斎橋店がジーユーとの一体型店舗にリニューアル

2021.09.15

出所:ユニクロ

2021年9月17日、「ユニクロ 心斎橋店」と「ジーユー 心斎橋店」が一体型の店舗のとしてリニューアルオープンする。

ユニクロとジーユーが一つの建物に展開され、地下1階から地上2階がユニクロ、3階と4階がジーユーの売場となる。

心斎橋は、大阪ミナミを代表する繁華街で、大阪全域から来客が集まる地域。「ユニクロ 心斎橋店」と「ジーユー 心斎橋店」は地域の生活に根差した店舗を目指していく。

御堂筋線沿線の店舗で大阪祭を開催

出所:ユニクロ

心斎橋店のリニューアルと同日、2021年9月17日から10月10日までの4週間、御堂筋線沿線にあるユニクロ、ジーユー全12店舗で「大阪を元気にする4週間」と題した「ユニクロ・ジーユー大阪祭(以下、大阪祭)」が開催される。

「大阪祭」は「心斎橋から大阪を元気にしたい」がコンセプト。そのコンセプトに賛同した、心斎橋筋商店街、地域の様々な店舗や企業が協力する形での開催となる。

「大阪祭」限定商品の販売や、地域での買い物に使える商品券が当たる抽選会など、様々な企画が用意されている。

「オオサカマニア」や、スシローの公式キャラクター「だっこずし」とのコラボ商品などの「大阪祭」限定商品の販売や、地域での買い物に使える商品券が当たる抽選会など、様々な企画が用意されている。

またリニューアルされる心斎橋店では、関西初の「UNIQLO FLOWER」が発売される。「UNIQLO FLOWER」は、1束390円、3束990円と手頃な価格で購入できる旬の新鮮な生花。昨年から関東地方の一部店舗で販売された好評の商品。

上記以外にも大阪祭では、様々な企画が催される予定だ。

【大阪祭の参加店舗】
■ユニクロ
心斎橋店、UNIQLO OSAKA、LINKS UMEDA店、ルクア イーレ店、なんばマルイ店、なんばCITY店、あべのキューズモール店

■ジーユー
心斎橋店、梅田店、ルクア イーレ店、なんばマルイ店、あべのキューズモール店

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」