ダイエー、ECサイトリニューアルや食事管理アプリなど3つの新たなデジタル施策に取り組む

2022.04.22

2021.11.23

ダイエーは11月より新たに3つのデジタル施策を推進することを発表。これまでも公式アプリの機能強化、多様な決済方法の導入、レジ待ち時間の短縮につながる精算手段の導入、ネットスーパーの店舗数拡大等をおこなってきた。

 今回のデジタル施策は、ECサイトのリニューアル、食事管理アプリ「SIRUシル+タス」の全店利用、ダイエーアプリ200万ダウンロードを記念したお得なキャンペーン実施の3つだ。

 11月18日(木)ECサイトリニューアル

イメージ画像

2021年11月18日(木)より「ダイエーオンラインマルシェ」と称して、ECサイトを刷新する。

刷新内容:
・セキュリティ強化と使いやすさを改善
・クーポンなどのプロモーション機能を追加
・店頭での引き渡しによる受注ができるようにした
・ライブコマース機能を追加

ダイエーでは、2021年3月から取り組んでいるEC事業において、鮮度や物量の問題で店舗販売が難しい商品を、オンラインショッピングサイト限定で販売する取り組みをおこなってきた。今回のリニューアルにより、さらに快適・便利でわくわくするネットショッピングを目指す。

食事管理アプリ「SIRUシル+タス」を全店で利用可能に

イメージ画像

 2019年3月より開始した食事管理アプリ「SIRUシル+タス」が全店でも利用可能になる。「SIRUシル+タス」とは、スーパーのPOSデータと連動したアプリで、そのデータを基に栄養素の把握やおすすめレシピを提供してくれる。

現在31店舗とネットスーパーにて利用できるが、10月7日(木)よりイオンカードでのお買物においても「SIRU+」が利用可能になった。これを受けて11月24日(水)より全195店舗で、「SIRUシル+タス」が使えるようになる。

 使い方は、レジでの精算の際にイオングループ共通ポイントカード「WAON POINTカード」を提示するだけ。その後、「SIRU+」アプリ内に購入した食材の栄養素が自動的に登録される。購入した食材の栄養素をアプリが把握し、栄養バランスを考えたおすすめレシピを提供してくれる。レシート等を見て入力するなどの手間も不要。ポイントカードを提示してお買い物をするだけで、栄養状態をチェックできる手軽さが魅力だ。

<「SIRU+」の利用方法>

①「SIRU+」をダウンロード
②プロフィールやWAON POINTカード、もしくはイオンカードの会員番号を登録
③当月を含む過去3カ月間の上記対象店舗における購買履歴が自動的に反映
④購入した食材が栄養素に変換され、不足の栄養を補う食材やレシピを提案
⑤以降、上記対象店舗でWAON POINTカード、もしくはイオンカードを提示して買い物するたびに「SIRU+」に栄養素が更新される

ダイエーアプリ200万ダウンロードを記念したお得なキャンペーンの実施

イメージ画像

2016年3月からスタートしたダイエーアプリが200万ダウンロード突破したことを受けて、お得なキャンペーンを実施する。

総額200万WAON POINT山分けキャンペーンを実施

実施期間:11月24日(水)~28日(日)
参加条件:公式アプリをダウンロードし、カード登録をしている方

キャンペーン内容:キャンペーン期間中に店頭に掲示されたQRコードからダイエーアプリでエントリー。200万円分のWAON POINTを、申し込んだ方全員で山分けする。※1人につき期間中1回のみ申し込みが可能

総額200万円分の商品券が当たるレシート応募キャンペーンを実施

実施期間:12月上旬(予定)~12月26日(日)
参加条件:公式アプリをダウンロードし、期間中にダイエー各店にてお買い物をした方

キャンペーン内容:1,000円以上のお買上げレシートをアプリにて応募。抽選で2,000名の方にダイエーグループ 商品券1,000円分をプレゼントする

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …