イケアが、2028年までに消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止へ

2021.12.01

日本法人イケア・ジャパン株式会社は、地球にも人にもポジティブな影響を与えることを目指すイケアのサステナビリティ戦略「People & Planet Positive(ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ)」のもと、環境と社会によい影響をもたらすために取り組んでおり、その一環として消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止する。

まず2025年までに新商品の包装材に、2028年までに既存商品の包装材に適用する。これによりイケアは、プラスチックごみやプラスチックによる汚染を減らすとともに、再生可能な素材やリサイクル素材を使った容器包装の開発という業界全体の課題に取り組みを目指す。

包装は、手ごろな価格、サステナビリティ、製品の安全な取り扱いを可能にする、イケアのビジネスモデルにとって重要な要素だ。

プラスチックごみやプラスチックによる汚染に対処するため、イケアはすでに包装材に使用するプラスチックの量を大幅に削減している。現在、イケアが1年間に使用するプラスチックの量は、包装材全体の年間使用量の10%未満。消費者向け包装からプラスチックを排除することで、イケアは再生可能な素材またはリサイクル素材のみを使用する取り組みを今後も継続する方針だ。

IKEA of Swedenのパッケージング&アイデンティフィケーションマネジャーのErik Olsenは、「消費者向け包装でプラスチックの使用を段階的に廃止することは、イケアの取り組みにおける次の大きなステップです。イケアは今後、包装材をよりサステナブルなものにし、プラスチックによる汚染を減らすための包括的な取り組みをサポートし、再生可能な素材やリサイクル素材を使用した包装を開発します。今後数年間で徐々に推進し、主に紙にシフトしていきます。紙はリサイクルや再生が可能であり、世界中で幅広くリサイクルされているからです。」と述べている。

イケアでは、年間約92万トンの包装材に10億ユーロ以上を費やしている。消費者向け包装からプラスチックを排除する取り組みは、新しい包装材の開発とともに、世界中の製品開発チームやイケアのサプライヤーとの緊密な連携が必要に。

IKEA of Swedenのパッケージ開発リーダー Maja Kjellbergは、「創意工夫はイケアの伝統の1つであり、包装はその点で決して例外ではありません。消費者向け包装からプラスチックを排除することは、今後数年間においてやりがいのある仕事になるに違いありません。この取り組みにより、包装においてイノベーションを促進し、イケアのサプライチェーンを超えてより幅広い業界によい影響を与えられるようになることを望んでいます。」と語っている。

そのほかのプラスチック削減の主な取り組み

  • イケアでは、2020 年 1 月までに、イケアのホームファニッシング製品から使い捨てプラスチック製品を全面廃止。また2030年までに、製品に使用するプラスチックをすべて再生可能な素材かリサイクル素材にすることを目指している。
  • イケアでは、2020年1月にレストランやビストロからも単一素材プラスチック製の消耗品の提供を廃止。
  • イケア・ジャパンでは、2020年に店舗にダンボールシュレッダーを導入し、店舗で使用したダンボールを配送の梱包材として再利用することで、プラスチック製の梱包材の使用を大幅に削減した。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。