初の試みとして、カインズが亀岡市と「環境に関するパートナーシップ協定」を締結。

2021.12.05

2021.12.04

株式会社カインズは、2021年12月3日に、京都府亀岡市と「かめおか未来づくり環境パートナーシップ協定」を締結した。

株式会社カインズ 取締役常務執行役員COO 桜井悟(左)と、亀岡市長 桂川孝裕様

本協定は、「世界に誇れる環境先進都市」の実現に向けた取り組みを推進する亀岡市のビジョンに、カインズが賛同し実現したもので、自治体と環境に関するパートナーシップ協定を締結するのは、カインズとしては初めてとなる。

カインズは、先般策定した「くみまち」構想において、「環境」を、日本の地域やくらしが抱える様々な課題を分類した「くみまち 15 の共創価値領域」の 1 つとして位置付け、2050年までのカーボンゼロ(CO2 排出量実質ゼロ)実現にむけた目標を策定し、カインズのある「まち」のカーボンゼロ達成にも貢献していくことを目指す。

亀岡市と亀岡市議会は、2018年12月13日に「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発信し、持続可能な開発目標(SDGs)の「環境・経済・社会の三側面の統合的取組の推進」というビジョンのもとに、多くの事業者とパートナーとして提携を進め、地域資源を活用した新たな価値の創出による持続可能なまちづくりに向けて取り組んでいる。

■本協定の内容
① 「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」に資する「使い捨てプラスチックごみゼロ」「資源循環」の促進・共創活動の実施

② 「保津川の生態系保全」「亀岡市のまち美化」に資する取り組みへの貢献・共創活動の実施

③ 「かめおか脱炭素宣言」に資する「カインズ カーボンゼロ2050年達成目標」に向けた活動の実施

④  その他、環境保全等に係る活動の実施

■カインズが店舗において取り組む具体的施策
【脱プラスチック】

カインズのラベルレスボトルシリーズ

レジ袋
・紙袋化、マイバッグ推進
ペットボトル
・マイボトル普及促進支援、自販機販売ペットボトル商品の品数50%削減(既存店比)、「mymizu※」登録、使用済みペットボトルの店頭回収、ラベルレス商品の拡大
※mymizuは、非営利型一般社団法人Social Innovation Japanから生まれたプロジェクト。
什器(展示スペース)
・段ボール化の推進
容器(CAFE BRICCO)
・プラスチック製容器包装資材の紙製素材への変更(カップ、ふた、ストロー、マドラー、スプーン)※一部再生PET素材使用

【資源循環】、【街美化】、【カーボンゼロ】、【その他環境保全活動支援】

カインズメンバーによる地域清掃(11月12日)

店頭回収
・古紙・雑誌、段ボール、古着、ペットボトル、アルミ缶(回収量に応じて、カインズポイントを付与)
カインズメンバー(従業員)によるクリーンアップ活動
・毎月8日を店舗周辺地域のクリーンアップDAYと設定し、店舗メンバーによる地域の清掃を行うとともに、地域で開催されている清掃活動にも積極的に協力。
掃除を商品で応援
・楽しくラクして掃除ができる商品を店頭で紹介
店舗屋根における太陽光パネルの設置
 

【環境保全に係る活動の実施】

亀岡市の環境活動に関わる広報活動支援
・チラシ、WEBページ等でのマイバックの推進
・店舗メンバーのジャンパーへの「亀岡市×CAINZ」のロゴ掲載
店内に環境活動のPRコーナーを設置
・亀岡市の環境活動の取り組みを紹介
・環境に配慮した商品の展示

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。