イオンが「福袋」や「福企画」を実施。Eコマース需要の高まりに対応し、ネット商品・企画を前年比2倍に拡大へ

2021.12.28

2021.12.27

イオンリテールは約360店舗(※1)にて「福袋」や「福企画」を順次販売(※2)を開始する。

福袋は前年比1.2倍の数を用意し、年内から販売を開始するほか、消費マインドを刺激するお得な均一企画、帰省先やおうちで楽しめる商品を取り揃える。また、オンラインや地域限定の特別企画も用意し、店舗とネットで新年の福を呼び込む「新春祝市」を開催する。

※1:関東、北陸信越、東海、近畿、中四国エリアの店舗。
※2:展開期間は店舗・企画ごとに異なる。一部取り扱いのない店舗があり。

≪2022新春祝市のポイント≫

高まる“消費マインド”に応える「福袋」や「福企画」
新年恒例の福袋は約1.2倍の数を揃えるほか、通常販売価格から25~30%お得な家具や家電などの暮らしの品「均一企画」、子どもたちへのプレゼントに最適な福企画などを用意。また、イオンのオンラインショップ「イオンスタイルオンライン」でも福企画対象商品を2倍に増やす。

●“大人数で楽しめる”「ごちそうメニュー」
帰省先で集まって「ゆっくり新年を過ごしたい」という声に応えし、本まぐろ入りのお刺身盛り合わせや1kgの国産黒毛和牛(すきやき用)、10本入りの手巻き寿司など、大人数で楽しめる「ごちそうメニュー」を取り揃え。

●年内から順次“地域を盛り上げる”「地域限定福企画」
豊洲市場とコラボした南関東の「大西洋海域日本産天然本まぐろ」販売や、家電製品を中心に厳選特価セットを店舗とネットで予約販売する北陸信越の「新春お宝船 ご予約 販売企画」など、年内から地域限定企画も用意。

お役立ち資料データ

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    【PR】株式会社ドリーム・アーツ 成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録。 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社…