ビックカメラが、SHOWROOMと資本業務提携。ライブコマース領域で協業、新しいお買物体験の提供を目指す

2022.04.22

2022.01.15

株式会社ビックカメラとSHOWROOM株式会社は、2022 年1月14日に第三者割当増資を実施、資本業務提携した。

資本業務提携の背景・目的

資本業務提携を通じ、主にライブコマース領域にてシナジーを目指す。ビックカメラグループの展開する商品群の多さ、店舗販売員の専門性の高さ、ECサイト「ビックカメラ・ドットコム」の充実性と、SHOWROOMがこれまで仮想ライブ空間「SHOWROOM」で培ってきたライブ配信のノウハウを活かし、ライブコマース領域での新たな価値を創出すべく、協業する予定。

画像はイメージ

主な提携内容

①ライブ配信を介した新たな買物体験の創出
②豊富な専門知識をもつ信頼度の高いコマースライバーの育成
③利用者満足に繋がる良品の発掘
④「ビックカメラ・ドットコム」の顧客と「SHOWROOM」ユーザーの相互送客
 

ビックイノベーションキャピタル 室長 兼 マネージングディレクター佐藤佑太

「新型コロナウイルス感染症対策による外出自粛により、外出せずにお買い物が楽しめるインターネットショッピングが伸長し、我々ビックカメラの都心型店舗は苦戦を強いられております。加えて、体験して楽しめる『コト消費』が今後ますます求められるであろうことから、店舗においてもネットにおいても、その魅力度の向上が弊社の大きな課題であると認識しております。そのような中で、今回、「日本に新たなライブコマース市場を創り上げる」という壮大なビジョンを持ったSHOWROOM様と出会うことができました。今回の資本業務提携を通じて、お客さまがネット上で楽しみながら、体験しながら、商品をお買い求めいただける新たなチャネルの創造に取り組んでまいります。

今回のSHOWROOM様への出資はビックイノベーションキャピタルとしての第2号案件となります。ビックイノベーションキャピタルは引き続きスタートアップ企業、異業種、外部企業との事業共創を模索してまいります。」
 

SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二

「コロナ禍で外出機会が減少し、自宅に居てもインターネットで気軽にモノを買える便利さや有り難さに感謝する一方で、買い物に体温を感じる機会も少なくなってしまったように思います。個人的には、インターネットで買って、自宅に届いてから、「これなんで買ったんだっけ」と分からなくなる事すら、恥ずかしながらありました。それは、購買に「体験」が紐付いていないからです。この事は、いかに今までの買い物生活において、商品の魅力を全力で伝えてくれる販売員の皆様から価値や体験を受け取っていたのか。そんな当たり前の事を振り返る契機になりました。商品に強い愛着や信頼を持つことも、一回一回の買い物を特別なものにしてくれるのも、顧客のニーズに心から寄り添ってくれる販売員の方々のおかげだと気付きました。当社は長らく「ライブコマース」事業を推し進めていますが、インターネット上で発信者と顧客が心を通わすこの新しい売り場こそ、豊富な知識とサービスマインドを持つ販売員の方が本来持つポテンシャルを最大限、むしろ今まで以上に発揮できるステージなのだろうと確信し、今回の貴重な資本業務提携のご縁に至りました。

ビックカメラ様で普段接客に従事されている高い専門性をもった販売員の方、あるいは仕入れの目利きに優れたバイヤーの皆さんなど、「専門家と視聴者」のリアルタイムでの交流が実現すれば、まるで店舗に足を運んだような、或いはそれ以上の購買体験を実現できます。

お客様に新しいお買い物体験を提供したいという想いのもと、両社でまだこの世にない新たな価値を創出できることを心より楽しみにしております。」
 

SHOWROOMは、この度の第三者割当増資の実施、ならびに資本業務提携をうけ、仮想ライブ空間「SHOWROOM」を通じたライブコマース事業の更なる成長を目指すと共に、ユーザーの皆様にここでしかできない、価値ある体験をしていただくための努力を惜しみなく行う所存です。今後も、エンタメテックカンパニーとして、ビックカメラと共にライブコマース市場の発展に寄与してまいります。


 

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …