ファミリーマートが、アイスコーヒーのカップをプラスチックから紙へ変更すると発表

2022.04.08

ファミリーマートは、「ファミマecoビジョン2050」の取り組みの一環として2022年4月12日(火)より順次、アイスコーヒーカップをプラスチックから紙へ変更し、アイスコーヒーにおけるストローレスリッドの導入を実施すると発表した。

※ストローレスリッドとは、ストローの穴の代わりにそのまま飲める飲み口がついたもので、ストローをつける必要がなくなり、プラスチックの削減につながる。

ファミリーマートの環境への取り組み

ファミリーマートでは、「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」「プラスチック対策」「食品ロスの削減」の3つのテーマにおいて、2030年及び2050年に向けて数値目標を設定した「ファミマecoビジョン2050」を公表。持続可能な社会の実現の貢献に取り組んでいる。

また2022年2月より実施している、都市型ワーカー向けにオフィス内で展開するファミリーマートのストアブランド「ファミマ!!」のコーヒーカップデザインの刷新に合わせて、環境に配慮した「ライスインキ」をパッケージに新たに使用している。

「ライスインキ」とは、米の副産物である米ぬか油の非食用部分を原料としており、従来の石油を原料としたインキに比べ、CO2排出量の削減など環境負荷の低減が期待できる。

他にも、スプーンやフォークなど各カトラリーにおいても、下記のような取り組みを行っている。

  • スプーン・・・持ち手の部分を穴の開いたデザインとした軽量化タイプを導入
  • フォーク・・・フォークの配布取りやめに向けて、現在都内10店舗で実証実験を実施中
  • ストロー・・・生分解性プラスチック製ストローと、バイオマスを5%配合したストローを導入し、各店舗で選択できるように対応
  • マドラー・・・本体は木製、外装の袋は紙製に変更

プラスチック削減に向けた動きが続く

プラスチック削減に向けた動きに関しては、昨今注目を集める「SDGs」や「サステナビリティ」、2022年4月の「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」施行などを背景に各社様々な取り組みを行っている。

例えば、ローソンでは、2022年4月1日より順次、持ち手部分に穴を開け長さも短くしたプラスチック製スプーンとフォークを導入。また木製スプーンの選択を店舗が自由にできるようにしている。

穴開きスプーンとフォークは、2022年上期中の全店導入を目途に、4月1日より東京都内の直営店3店舗で開始すると発表している。これにより、年間で約67トンのプラスチック使用量削減が図れる見込みだ。

ローソンが、プラスチック資源循環促進法の施行に合わせて、木製や穴開きのスプーン・フォークを展開へ

イオンは、事業活動で使用する使い捨てプラスチックを2030年までに半減する目標を掲げ、2022年3月から順次、イオンの主要なグループ店舗で無料配布しているストロー・カトラリー類を、プラスチック素材から紙や木などの環境配慮型素材へ切り替え、年間で約150tのプラスチックを削減している。

イオン、無料配布カトラリー類を紙・木製に切替え。使い捨てプラスチック削減へ

今後もプラスチック削減に向けた動きはより活発になっていくだろう。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。