ヤマダHD、業務効率化クラウド導入。働き方改革・ペーパーレス化によるSDGs目標達成へ

2022.06.14

株式会社ヤマダホールディングスは、株式会社ドリーム・アーツが提供する業務デジタル化クラウド「SmartDB®︎(スマートデービー)」を導入ししているが、2022年5月時点で導入した効果について、紙の業務プロセスをデジタル化したことで意思決定のスピードは向上し、作業時間は年300時間程度の削減が見込まれるなどの効果が確認できたとした。

画像はイメージ

■迅速に環境変化へ対応するため「現場での内製化」を指向

ヤマダホールディングスは 近年では、ホールディングス体制への移行やM&Aを通し更なる成長を続けている。企業規模が拡大する一方で、“紙”の書類による業務負荷の高まりが大きな課題となっていた。

そこでヤマダホールディングスでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略に基づく全社における業務効率化と働き方改革の推進、そしてペーパーレス化による環境保護を通じてSDGs目標を達成すべく、ひとつのツールでできるだけ広い範囲の現場要望に対応できる新たな業務システム基盤の導入を検討開始。また、スピードが命のビジネス環境の変化に迅速に対応するため「内製化」を前提としたDX推進の必要性から複数サービスを検討した結果、DXの土台となるシステム、基盤として、多岐にわたる業務のデジタル化をカバーでき、直感的に開発ができるSmartDB®︎を採用することとなった。

■総務部が主体となり、業務デジタル化の範囲を続々と拡大中

現在は、全店舗への電子棚札やデジタルサイネージの導入など店舗スタッフを支えるためのシステム活用と並行し、営業効率の最大化のためSmartDB®︎による全社の業務デジタル化を推進している。

業務デジタル化による業務効率向上をさらに加速するために、総務部内にSmartDB®︎の開発・運用に特化した「総務デジタル運用課」を新設し、総務主管の申請業務のデジタル化を実行中。既に、多数の業務アプリをノーコード開発で内製し本番運用を開始している。紙の業務プロセスをSmartDB®︎でデジタル化したことで起案から承認までのスピードが格段に向上。紙の業務プロセスをSmartDB®︎でデジタル化したことで起案から承認までのスピードが格段に向上。作業時間の削減効果は、SmartDB®︎導入後の1年で300時間程度になると概算している。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …