ファミリーマートが「お母さん食堂」の高付加価値ライン「お母さん食堂プレミアム」を強化、ラインアップを拡大

2021.05.18

ファミリーマートの惣菜シリーズ「お母さん食堂」の高付加価値ラインである「お母さん食堂プレミアム」のラインアップを拡大、7つの新商品が登場した。

5月17日より、全国のファミリーマート約1万6600店にて順次発売される。「お母さん食堂プレミアム」は、ファミリーマートの惣菜シリーズ「お母さん食堂」の中でも、特に食材、調理法、味付け、風味、さらに食感にまでこだわったシリーズの位置づけ。

新型コロナ禍で「ニューノーマル(新常態)」と呼ばれる新しい生活スタイルが話題になる中、外食ができなくなることによる家庭内調理の増加、それに伴う素材の好調と惣菜の苦戦の傾向が表れた。また、これも外食や旅行が減ったことによる影響もあると思われるが、上質な素材の売上げが高まり、食卓を充実させるニーズが高まる傾向も見られた。

ファミリーマートとしては、惣菜市場においても安全・安心でおいしいことに加え、より「上質な素材を使ったメニュー」「少しリッチな気分になれる食事」が注目されていると考え、今回ワンランク上の満足感を期待するお客に向けて、「お母さん食堂プレミアム」の展開を拡大することとした。

 今回新たにシリーズに加わるのは次の7品。「手伸ばし・薪窯焼き製法のマルゲリータピッツァ」「スパイスと旨みが奏でる!!ビーフカレー」「高知県産ぶり使用 煮切りみりんの旨み!!ぶりの照り焼き」「7つのこだわり!芳醇な香りと旨みの 国産豚使用熟成ロースハム」「熟成あらびきポークウインナー」「濃厚とろーり豆腐」「濃厚赤玉 コクと旨みのたまご6個」だ。

5月18日から5月24日まで、「お母さん食堂プレミアム」が全品税込み30円引きとなるキャンペーンを実施。さらに、FamiPay払いでFamiPayボーナスを30円相当還元する。

「お母さん食堂プレミアム」の新商品

「手伸ばし・薪窯焼き製法のマルゲリータピッツァ」(498円、税込み、以下同)

5月18日から全国で発売。地域によって価格は異なる。監修を務めたのは、ピッツァの本場、ナポリのピッツァコンテストで優勝経験を持つ今井憲シェフ(ピザ店「ラ フィーリア デル プレジデンテ」のピザ職人)。特徴は、手伸ばし・薪窯焼き製法。「お母さん食堂プレミアム」では初の冷凍食品での販売となる。

「スパイスと旨みが奏でる!!ビーフカレー」(398円)

5月17日から全国で発売。上質な味わいを追求し、リニューアルして登場。30種類のスパイスを使用し、カレー本来のくせになるスパイスとうま味、やわらかな牛肉が楽しめる。また、小麦粉をラードなどで時間をかけて炒めたブラウンルーや、ソテードオニオンなどによる深いうま味とこくも感じられるようにした。

「高知県産ぶり使用 煮切りみりんの旨み!!ぶりの照り焼き」(430円)

5月17日から全国で発売。沖縄県では5月25日に発売。黒潮の分流が流れ込む高知県産のブリを使用。脂の乗った切り身を、2種類のしょうゆと煮切りみりんに漬け込み、熟成をへてうま味を感じる「ぶりの照り焼き」に仕上げた。

 「7つのこだわり!芳醇な香りと旨みの 国産豚使用熟成ロースハム」(378円)

5月17日から全国で発売。沖縄県では6月1日発売。 7日間以上熟成させた、特色JAS規格の熟成ロースハム。国産豚ロース肉をドイツアルプス産岩塩や、ドイツ製の7種類のスパイスに漬け込み、国産桜のチップを使ってスモークした。手作業で仕上がりを丁寧に確認するなど、品質にこだわって作られている。

「熟成あらびきポークウインナー」(358円)

5月17日から全国で発売。沖縄県では5月25日発売。国産三元豚の豚肉、16種類の香辛料、ドイツ産岩塩を使用。パリッとした皮の歯応えとジューシーな肉のうま味を楽しめる、薫り高いあらびきポークウインナーだ。

「濃厚とろーり豆腐」(248円)

5月18日から、北海道を除く全国で発売。クリームのように濃厚な豆乳と、チーズのように発酵された豆乳チーズを加えることで、濃厚なこくとうま味が感じられるようにした。仕上げにはゴマ豆乳ソースをトッピングしている。

「濃厚赤玉 コクと旨みのたまご6個」(238円)

 5月17日から沖縄県を除く全国で発売。マリーゴールド、植物性乳酸菌、ハーブ、昆布粉が入ったこだわりの飼料で育んだ指定農場の赤鶏から産まれた赤たまご。濃厚な味わいが感じられる。

関連記事

お役立ち資料データ集

セミナー