カインズとJAくまがやが業務提携を拡大、カインズ熊谷籠原店でJA農業資材の販売を開始

2022.04.22

2021.05.27

28都道府県に226店を展開するホームセンターチェーンのカインズが、5月22日からJAくまがやとの業務提携を拡大、カインズ熊谷籠原店においてJAの農業資材の販売を開始すると発表した。

JAくまがやとは2018年9月から業務提携し、これまでもカインズ熊谷籠原店において地元野菜を販売してきた。今回の業務提携拡大により、取扱品目をさらに増やし、肥料6種類、農業薬品26種類を販売していく。

JAは、相互扶助の精神のもと、農家の営農と生活を守り高め、より良い社会を築くことを目的に組織された協同組合。この目的のため、JAは営農や生活の指導、生産資材・生活資材の共同購入や、農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、あるいは万一の場合に備える共済などの事業や活動を行っている。

カインズ熊谷籠原店での地元野菜の販売は、生産者と地元消費者の交流につながっているという。今回の業務提携拡大によってJAの農業資材の取り扱いも始めることで、カインズではJA組合員の方々の利便性が向上することはもちろん、農家来店数が拡大すると予測している。地域の来店客に加え、JA組合員、農家が利用することで地域経済の活性化に貢献。農家の方々のサポートと地域振興にさらに取り組んでいくとしている。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。