三越伊勢丹ビジネスソリューション事業部がBtoBホームページを開設

2021.06.23

三越伊勢丹のビジネスソリューション事業部が、6月23日、BtoB向けのホームページを新たに開設した。

今年4月には旧法人事業部を「ビジネスソリューション事業部」に呼称変更。これまで上場企業などを中心とした約1000以上の法人顧客(クライアント)にさまざまなソリューションを提供してきたが、今回、ホームページを通じて、サステナビリティを基軸にした環境デザイン、D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)、地方創生ソリューションなどの発信と共に、三越伊勢丹グループ連邦(ネットワーク)を生かし、12の事業会社を掛け合わせた13のビジネスソリューションプラットフォームを構築。百貨店の枠を超え、 川上から川下まで網羅するソリューションビジネスの展開拡大を行っていくとしている。

13のビジネスソリューションプラットフォームは次のとおり。

1.ノベルティ企画・生産

2.ロイヤリティプログラム

3.福利厚生・贈答品

4.商品開発(OEM・ODM)

5.アライアンス事業開発:協業モデル、アライアンスモデル等

6.EC・システム開発

7.コンサルティング:MD戦略支援等

8.店舗開発・イベント運営

9.環境創造・建装事業

10.広告出稿

11.人材・研修プログラム

12.物流・フルフィルメント

13.決済事業

クライアントの要望に合わせ、グループ各社·外部アライアンス企業が連携して最適なソリューションを提供する。

例えば、「環境デザインソリューション~未来へのあたりまえを。~」として、インテリア、家具、ランドスケープなど、椅子から店頭装飾、美術館や都市開発まで外部、内部空間をトータルコーディネート。

あるいは「D2Cソリューション~高感度のつながりあいを。~」として、ビジネス設計、ブランド設計、商品開発、システム構築、生産管理やフルフィルメント、マーケティング、店舗展開までを一気通貫で実現し、さらに百貨店事業で培った人材教育プログラムによって人材教育やマネジメントのサポートも行うもの。特に高感度顧客との関係構築は、三越伊勢丹グループならではの強みであるとし、オンライン、オフラインの垣根を超えた提案が可能としている。

また、「地方創生ソリューション~地域へのリスペクトから。~」として、百貨店事業で培ってきたモノ作りやネットワークをベースに、地方の生産者・メーカーと消費者が継続的につながるビジネスモデルを総合プロデュースし、異業種とのマッチングやバイヤーのネットワークを生かした商品開発など。

直近の取り組み、あるいは今後実施予定のビジネスとして、21年7月上旬にはMaaS(モビリティ・アズ・アサービス)を使ったオフィス向けサービスの実証実験をスタートする予定の他、21年3月にはIGP ROBOTICSと三越伊勢丹によるロボットを活用したB2B領域ソリューションビジネストライアル、21年2月にはヤフーが運営するエールマーケット展開の「おくる防災」との協業による自社サイトでのキャンペーン展開、20年11月には、よい仕事おこしフェア実行委員会(全国147の信用金庫ネットワーク)と包括連携案件として「令和2年7月豪雨災害支援」球磨焼販売会を実施するなどしている。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」