三越伊勢丹ビジネスソリューション事業部がBtoBホームページを開設

2022.04.22

2021.06.23

三越伊勢丹のビジネスソリューション事業部が、6月23日、BtoB向けのホームページを新たに開設した。

今年4月には旧法人事業部を「ビジネスソリューション事業部」に呼称変更。これまで上場企業などを中心とした約1000以上の法人顧客(クライアント)にさまざまなソリューションを提供してきたが、今回、ホームページを通じて、サステナビリティを基軸にした環境デザイン、D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)、地方創生ソリューションなどの発信と共に、三越伊勢丹グループ連邦(ネットワーク)を生かし、12の事業会社を掛け合わせた13のビジネスソリューションプラットフォームを構築。百貨店の枠を超え、 川上から川下まで網羅するソリューションビジネスの展開拡大を行っていくとしている。

13のビジネスソリューションプラットフォームは次のとおり。

1.ノベルティ企画・生産

2.ロイヤリティプログラム

3.福利厚生・贈答品

4.商品開発(OEM・ODM)

5.アライアンス事業開発:協業モデル、アライアンスモデル等

6.EC・システム開発

7.コンサルティング:MD戦略支援等

8.店舗開発・イベント運営

9.環境創造・建装事業

10.広告出稿

11.人材・研修プログラム

12.物流・フルフィルメント

13.決済事業

クライアントの要望に合わせ、グループ各社·外部アライアンス企業が連携して最適なソリューションを提供する。

例えば、「環境デザインソリューション~未来へのあたりまえを。~」として、インテリア、家具、ランドスケープなど、椅子から店頭装飾、美術館や都市開発まで外部、内部空間をトータルコーディネート。

あるいは「D2Cソリューション~高感度のつながりあいを。~」として、ビジネス設計、ブランド設計、商品開発、システム構築、生産管理やフルフィルメント、マーケティング、店舗展開までを一気通貫で実現し、さらに百貨店事業で培った人材教育プログラムによって人材教育やマネジメントのサポートも行うもの。特に高感度顧客との関係構築は、三越伊勢丹グループならではの強みであるとし、オンライン、オフラインの垣根を超えた提案が可能としている。

また、「地方創生ソリューション~地域へのリスペクトから。~」として、百貨店事業で培ってきたモノ作りやネットワークをベースに、地方の生産者・メーカーと消費者が継続的につながるビジネスモデルを総合プロデュースし、異業種とのマッチングやバイヤーのネットワークを生かした商品開発など。

直近の取り組み、あるいは今後実施予定のビジネスとして、21年7月上旬にはMaaS(モビリティ・アズ・アサービス)を使ったオフィス向けサービスの実証実験をスタートする予定の他、21年3月にはIGP ROBOTICSと三越伊勢丹によるロボットを活用したB2B領域ソリューションビジネストライアル、21年2月にはヤフーが運営するエールマーケット展開の「おくる防災」との協業による自社サイトでのキャンペーン展開、20年11月には、よい仕事おこしフェア実行委員会(全国147の信用金庫ネットワーク)と包括連携案件として「令和2年7月豪雨災害支援」球磨焼販売会を実施するなどしている。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …