丸井グループが植物肉「ミラクルミート」のDAIZと資本業務提携、リアル店舗などのリソースを活用

2021.10.05

丸井グループが、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・生産するスタートアップのDAIZと資本業務提携契約を締結した。

未来投資における「食」領域の取り組み拡大やスタートアップ企業の成長の支援によって本業とのシナジーをさらに加速していくとしている。

丸井グループは2050年に向けたビジョンとして「ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る」を掲げ、小売り、フィンテックに未来投資(スタートアップや新規事業への投資)を加えた、共創を基盤とした三位一体のビジネスモデルでさらなる企業価値の拡大を目指していく。

また、中期経営計画では利益とインパクトの両立を目指している。今後の経営に収益性と「サステナビリティ」の視点は欠かせないものと考えている。

DAIZは20年に大豆を主原料とする植物肉事業を本格的に開始。主に大手食品メーカーや小売り、流通企業との取引で事業を拡大してきた。丸井グループとしては、植物肉事業を「フードテック」における新たな体験の創出、事業を通じた社会に貢献であると捉え、「サステナビリティ」の視点にも合致すると考え、今回の出資に至った。

今後、両社はDAIZの植物肉「ミラクルミート」のおいしさや新しい食文化の体験が味わえるタッチポイントの創出、ブランディング強化を図っていく。

タッチポイントの創出では、丸井グループのリソースを活用した植物肉「ミラクルミート」の販売促進として、年間約2億人が来店するマルイ店舗にて体験型店舗の設置、700万人を超えるエポスカード会員に向けたマーケティング、小売ノウハウの提供や接客支援などを想定している。

また、ブランディング強化については、各種企業コラボレーションや体験型イベントなどの共創実績を生かしたコンサルティング、Z世代に対する訴求や商品開発といった取り組みを行っていく。

お客と商品の出会いの場、体験の場として丸井グループのリアル店舗や従業員、エポスカードなどのリソースの活用によって「ミラクルミート」の認知向上と植物肉の文化の共創に取り組み、サステナブルな「食」の未来の実現に寄与する。

「生活において重要な『食』の分野に取り組みたい」(青井社長)

牛による二酸化炭素や腸内ガス(メタン)の排出による「温室効果ガス」、また、世界的な人口増加と新興国の経済成長によって30年にタンパク質の需要に供給が追い付かなくなる「タンパク質危機」といった背景を受け、植物肉が代替タンパク質として注目されている。

そうした中、DAIZは、独自の技術によってこれまで植物肉普及のハードルとなっていた「味と食感に残る違和感」「大豆特有の青臭さや油臭さ」「肉に見劣りする機能性(栄養価)」といった課題を解決する植物肉「ミラクルミート」の開発に取り組んだ。

同社は、「ミラクルミート」の特徴として①原料に丸大豆を使用、②うま味や栄養価を増大、肉様食感を再現する独自技術、③独自製法による価格競争力を挙げる。

DAIZの植物肉「ミラクルミート」の製造工程

丸井グループの青井浩社長は、次のようにコメントしている。

「当社では2050年に向けたビジョンの中で、ビジネスを通じた脱炭素社会の実現を目指しています。そのために、エポスカードを通じたお客さまへの再エネ利用のおすすめなどを進めてまいりました。一方で、エネルギーへの取り組みでは脱炭素の25%しか解決できないという『75%問題』にどう対処すべきかという課題が残されていました。そうした中、お客さまの生活において重要な「食」の分野に取り組みたい、という思いが高まり、有力なパートナーを探しておりました。DAIZさまとのパートナーシップは私たちの夢で、その夢がこのたび叶いました。微力ながら、私たちがこれまで消費者と直接向き合う中で培ってきたノウハウを通じた『ミラクルミート』のブランディングや、店舗をショーケースとして活用することで、お客さまに植物肉を体験する場を提供するなど、さまざまな協業を通じてDAIZさまが消費の代替、未来のライフスタイルを提案するブランドとして世界に飛躍されるお手伝いをしたいと思っております」

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」