キユーピー

  • 2021.06.10

    キユーピーが原材料の大部分を植物由来で作ったスクランブルエッグ風商品を発売

    キユーピーは、プラントベース(植物由来)フードの開発に取り組み、第1弾として原材料の大部分を植物由来のものから作った「HOBOTAMA」(ほぼたま)を業務用市場に向けて新発売する。6月30日から全国に出荷。新たな食の価値観、多様性への対応の位置となる。 豆乳加工品をベースに、卵を使用せずに半熟状のスクランブルエッグのような見た目と食感を再現した。シェフが丁寧に手作りしたような半熟感を再現しているため、飲食店などで提供するメニューの付加価値を高めることができるとしている。 プレーンな味わいで、パンや野菜などと相性が良く、サンドイッチや朝食メニューなどに幅広く使用できるという。 キユーピーグループ…