再生エネルギー

  • 2022.01.24

    「ZOZOBASE」で再生可能エネルギー由来の電力を100%導入。電力消費量の6割以上が再生可能エネルギーに

    株式会社ZOZOは、2022年1月より物流拠点「ZOZOBASE習志野1」と「ZOZOBASEつくば1」の2拠点において、実質的にCO2排出量がゼロとなる再生可能エネルギー由来の電力を100%導入する。これにより、拠点の電力消費量のうち6割以上(※1)が再生可能エネルギーとなる。 ZOZOグループでは2021年4月より、サステナビリティステートメント「ファッションでつなぐ、サステナブルな未来へ。」と「4つの重点取り組み」(※2)を掲げ、環境や社会に配慮した新しいファッションの世界の実現を目指している。 今回「ZOZOBASE習志野1」と「ZOZOBASEつくば1」に導入する電力は、トラッキング…

  • 2021.12.23

    オイシックス・ラ・大地が再エネ100%電力「アスエネ」導入。脱炭素経営を加速

    オイシックス・ラ・大地株式会社は物流拠点のORD海老名ステーション向けに、CO2ゼロ・再生可能エネルギー100%のクリーン電力の導入を開始する。 オイシックス・ラ・大地は、2026年3月末までにサプライチェーン全体でのCO2排出量ゼロを目標として掲げている。2021年10月より、ORD海老名ステーションで、再エネ100%のクリーン電力「アスエネ」を導入。加えて、CO2クレジットを調達して、一部のCO2排出量をオフセットすることで、脱炭素社会の実現に向けて取り組んでいる。2022年3月から、ORD板橋ステーションへ「アスエネ」を導入予定。 <ORD海老名ステーション> ■クリーン電力サービス「ア…