日本

  • 2021.08.08

    メトロが日本事業のメトロキャッシュアンドキャリージャパンを撤退、展開中の10店は10月末に閉店

    ドイツのデュッセルドルフに本社を構え、34カ国で事業を展開し、業務用卸売店を24カ国に670店以上展開するメトロは8月5日、日本法人であるメトロキャッシュアンドキャリージャパンの事業を撤退すると発表した。2021年10月31日までに全事業を終了する予定。 同社は00年11月にメトロと丸紅の合弁で設立。一般客が利用できない業務用に特化した卸売店として02年12月に1号店を千葉市美浜区オープンした。この間、丸紅との合弁は解消したが、首都圏近郊に10店舗にまで業容を拡大していた。 この数年間、事業の拡大および改善のために都心型小型店舗の蒲田店の出店やデリバリー事業の加速化、プライベートブランドや直輸…