移動販売

  • 2021.05.19

    セブン-イレブンの移動販売サービス「セブンあんしんお届け便」が10年目迎える

    セブン-イレブン・ジャパンが消費者の買物支援策として取り組む「セブンあんしんお届け便」が5月18日、2011年の運用開始から10年を迎えた。「セブンあんしんお届け便」は11年5月に茨城県で開始以降、全国のセブン-イレブン店舗へ導入を拡大し、 5月18日現在、1道2府35県、稼働車両数は107台 に及ぶ。 少子高齢化などの社会環境の変化を背景に展開された店舗商品の提供 「セブンあんしんお届け便」は、少子高齢化や人口減少問題の他、食品販売店などの小売店舗をはじめとしたさまざまな拠点数の減少といった社会環境の変化を背景に運用を開始した。 多くの地域で買物に対する困難を抱えるいお客のニーズに応えると同…