脱プラスチック

  • 2021.12.01

    イケアが、2028年までに消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止へ

    日本法人イケア・ジャパン株式会社は、地球にも人にもポジティブな影響を与えることを目指すイケアのサステナビリティ戦略「People & Planet Positive(ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ)」のもと、環境と社会によい影響をもたらすために取り組んでおり、その一環として消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止する。 まず2025年までに新商品の包装材に、2028年までに既存商品の包装材に適用する。これによりイケアは、プラスチックごみやプラスチックによる汚染を減らすとともに、再生可能な素材やリサイクル素材を使った容器包装の開発という業界全体の課題に取り組みを目指す…