イオンリテールがネットスーパーの最長10日先の配送便を予約できる「先取り配送便」機能を追加

2021.11.08

イオンリテールはネットスーパーについて、最長10日先の配送便を予約できる新サービスとなる「先取り配送便」の機能を11月8日から追加した。

イオンリテールでは、関東、北陸信越、東海、近畿、中四国の「イオン」「イオンスタイル」フォーマット計約220店でネットスーパーを展開している。

今回の「先取り配送便」は、お客が商品を希望の日時に受け取れるように注文画面で最長10日先の配送便を予約できる機能。ただし、店舗によって選択できる配送便の日時が異なる。

注文方法は、まず、配送日の10日前から注文画面で先取り配送便を予約できるようになる。その後、配送日の2日前から購入したい商品を選択し、予約していた配送日時で注文が可能となり、配送当日は指定の受け取り方(配送、店舗)で商品を受け取るといった流れとなる。

注意点は、10日前からの予約は、「配送便」の予約のみとなるため、配送日の2日前以降、 商品の注文を完了する必要があることだ。先取り配送便の確保を知らせるメールに記載された「解除(キャンセル)される日時」までに注文が完了されない場合、指定していた届け日時は自動的に解除となる。

イオンリテールでは、これまで受け取り方法についても、配送だけでなく店舗のカウンターやロッカー、ドライブスルーなど、店頭で注文商品を受け取れる「ピックアップ!」のサービスを全店に拡大するなど、選択肢の拡大に努めてきた。

イオンリテールは、ネットスーパーについて、「選択肢の拡大」を方向性として掲げている。今回の動きは、受け取り方法に加え、受け取り時間についてもより幅広い選択肢を提供するものといえる。

注文画面。ページ上部の「先取り配送便」のボタンを選択。「店舗を選択してください」の画面が出ている場合、先に担当店舗を選択する
「お届け先・お届け店舗」の確認画面から希望の届け先を選択し、「この受取り先を設定する」ボタンを押す
「お届け日時設定画面」から希望の届け日時を選択し、注意事項を読んだ後、確認し、「この日時を設定する」ボタンを押す。「先取り配送便」で指定した便のお知らせメールが届く

お役立ち資料データ

  • 大企業の業務デジタル化 成功事例5選【リテール編】

    \アンデルセン様、アダストリア様、ヨネックス様などの成功事例を収録!/ 自社の業務デジタル化を考え始めたけれど、どうやって進めるべきなのか、他社はどのように取り組んでいるのか…、そんなお悩みをお持ちのお客さまは多いかと思います。 まずはざっくり概要を把握して、御社の業務改革に関するイメージを膨らませてみませんか? 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例を収録しています。 ■収録企業 ・ヨネックス株式会社 様 ・株式会社カウネット 様 ・株式会社アダストリア 様 ・株式会社アシックス 様 ・アンデルセングループ 様

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    \成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録!/ 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社物語コーポレーション 様 ▼サ…

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。