AIが顧客の声から“感情”を解析し、効果的なリモート接客を支援するシステムをDNPが開発

2021.12.01

​大日本印刷株式会社(DNP)は、リモートで接客中の顧客の声からAI(人工知能)が“感情”を解析し、接客中のオペレーター等に解析結果の“感情”を伝え、より効果的な接客・商談を支援するシステムを開発した。

DNPは2019年からビデオ通話等によるリモートの接客・商談を支援する「DNP遠隔接客支援サービス」*1を提供。今回開発したAIによる感情解析システムを組み込み、12月に感情解析を利用したリモート接客の代行支援を開始した。

AIによる感情解析システム」開発の背景

近年、国内の労働人口の減少などによって、小売・流通等での販売員の確保が困難になっており、コロナ禍をきっかけの一つとして、接客・商談を非対面・非接触で行いたいとの需要が拡大している。

リモートによる接客・商談が増える一方で、「接する相手の感情が分かりにくく、提供する情報や商談完了のタイミングなどが判断しにくい」といった課題がある。

こうした課題に対してDNPは今回、顧客が話す声をもとにAIがリアルタイムで顧客の“感情”を解析し、その結果を接客オペレーター等に通知するシステムを開発した。DNPは、多様な業種・業態の接客業務のアウトソーシングの実績があり、そこで培った技術・ノウハウを活かし、2019年からリモートでの接客・商談を支援するサービスや、接客専門スタッフの派遣・育成*2、接客時に必要なコンテンツの作成、接客の効果分析などの事業を一貫して展開している。

AIによる感情解析システム」の特長

1.顧客との会話から顧客の“感情”をリアルタイムに可視化
本システムの音声感情解析は、接客・商談の際に顧客が発した「声の波形の振幅や間隔」と「周波数」について、AIが独自の計算方式と測定によって解析し、話し手の“感情”の状態を可視化。

解析した“感情”は、9つの感情(正直・本心/高い期待/興奮/恥じらい/確信が持てない・自信がない/ストレス/緊張/強い興奮/より高いストレス)に分類されます。この“感情”を「顧客の発言の信憑性」や「現状の心境」として、リモートで接客中のオペレーター等が扱う情報端末に表示する。音声分析の結果をオペレーター等がリアルタイムで知ることができるため、接客しながらより効果的な商談の進め方や情報提供の仕方を検討していくことができるという。

AIによる感情解析システムを活用したリモート接客支援の概要

AIによる感情解析システムを活用したリモート接客支援の概要

2.顧客との会話などの個人情報を記録せずに感情解析が可能
本システムは、顧客との会話を録音・録画することなく、リアルタイムで“感情”を解析し、オペレーター等に通知するため、個人情報の管理に配慮した運用が可能。また本機能は、「DNP遠隔接客支援サービス」だけでなく、他社のリモート接客システムや機器に対しても、特別な仕様に変更することなく導入が可能。

3.システム提供のほか企業のリモート接客の代行支援まで幅広く対応
DNPは、今回開発したシステムの提供だけでなく、本システムを使ったリモート接客の代行支援など、幅広い業務に対応。また、リモート接客を行う専門スタッフの派遣や育成、接客に必要なコンテンツの作成や実店舗の効果的な陳列棚づくり、接客の効果分析などもトータルで提供する。

今後の展開としてDNPは、顧客が購入を検討する際に詳細な説明が必要となる家電量販店や旅行代理店、保険の窓口などの小売・流通企業、メーカーに対して、感情解析を利用した接客支援サービスや代理業務の受託などの関連サービスも含めて、2025年度までに20億円の売上を目指している。

*1 DNP遠隔接客支援サービスの詳細はこちら → https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191307_1587.html
*2 DNPリモート接客販売支援サービスの詳細はこちら → https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158822_1587.html

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。