無人のお弁当販売店。遠隔接客サービス「RURA」を太秦弁当村に導入

2022.04.22

2021.12.21

株式会社京はやしの太秦弁当村 桂店(2021年12月20日開店)は、タイムリープ株式会社が開発・運営する遠隔接客サービスRURA(ルーラ)を導入し、半無人で店舗運営を開始する。

駅弁や仕出し料理の製造・販売を専門とする弁当店「穂久彩」を京都で経営する京はやしは、これまでも複数の店舗のブランド商品が購入できる「街の小さなデパ地下」として「太秦弁当村」を開業し、これまでに3店舗を展開。

非接触・非対面で誰でも安心して気軽に利用できる店舗として、新たな試みで「RURAを活用した半無人の販売店」である4店舗目をオープンすることとなった。

今回「半無人店舗」としてオープンする穂久彩 桂店では、開店から15時までの時間はスタッフが店舗に滞在する有人の運営だが、15時以降は店舗にスタッフが滞在しない完全無人運営となる。

■無人運営時間帯の来店の流れ
・店内に陳列された商品を自由に見て回り、購入する商品を決定する
・セルフレジにて、購入商品を読み取る
・自動精算機で決済を行う

京はやし代表取締役 林氏

『この2年弱の環境の中で、「変化に柔軟であることの重要性」を考えるようになってきました。現在社会に混乱をもたらしている新型コロナウイルスは、もちろんいずれ収まると思います。しかし、コロナ禍で変化した人々の「当たり前」は元には戻らないと思いますし、今後もまた何かの外部要因で「今まで通り」の営業ができなくなることはあるのだ、と実感しました。その時にも柔軟に対応できるような事業のモデルを作ることが重要だ、と考えるようになったのです。
「お弁当屋さん」というのは、早朝から仕込んでお弁当を作り、お客様が来たら接客対応をして…とどうしてもある程度の人員が必要になりますが、決して単価が高いわけではありません。これでは多数のお客様が見込める一等地でしか経営は上手くいきませんし、関わる人が多い分、なにかあった時に柔軟な改善を行いづらい側面があります。この構造を変えるために、京はやしでは、センターでお弁当を製造をして各店舗に搬入、店舗では販売のみを行う仕組みをとってきました。そして更に一歩踏み込んで「店舗に人を置かない形を取ることはできないか?」と考え、今回半無人店舗の開業に踏み切りました。
人がいない店舗を実現するにあたって、「お客様の無人店や自動精算機に対する抵抗感」をいかに軽減するかというのが課題でした。「コロナ禍によってオンラインのコミュニケーションが身近になってきたのに、接客だけが取り残されるわけがない」とも考えていたので、遠隔から店舗の様子を見つつ声をかけられるRURAを導入することに決めました。
今後は半無人店舗の数を増やしていき、RURAを活用して複数の店舗の接客を集約することで、より効率的に店舗拡大していくと共に、京都の小売ビジネス変革の起点を目指していきます。』

「RURA」の詳細:https://timeleap-rura.com/

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …