無人決済システムを活用した、国内2店舗目の空港ギフトショップ、中部国際空港 「ANA FESTA GO 中部ゲート店」 がオープン

2022.06.07

ANAグループのANA FESTA株式会社と無人決済システムの開発を進める株式会社TOUCH TO GOは、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 中部ゲート店」を中部国際空港第1ターミナル3階国内線制限エリア内に、2022年6月15日にオープンする。

同店は、TTG無人決済システムの首都圏以外への展開第1号店であり、ANA FESTAとして羽田空港に続く国内2店舗目となる。

店舗正面イメージ

店舗正面イメージ

「ANA FESTA GO 中部ゲート店」は、国内線保安検査場を通過後すぐ右手の、総合土産店舗「ANA FESTA中部ゲート1号店」をリニューアルし、オープンする。搭乗前の限られた時間でスピーディに買い物できるよう、無人決済システムを導入した。

利用者が出口手前にある決済エリアに立つと、タッチパネルに購入商品と金額が表示され、各種お支払い方法にて非接触に買い物をすることができる。また、今回新たにQRコード決済が利用可能となる。
 

■ 店舗情報
店舗名: ANA FESTA GO 中部ゲート店
所在地: 中部国際空港第1ターミナル3階
     国内線制限エリア内
営業時間: 06:30~19:00
支払方法: 交通系電子マネー、クレジットカード、
      QRコード決済(PayPay、楽天ペイ、
      d払い、au PAY、J-coin PAY)、現金
店舗面積: 約50.2㎡
取扱品目: 菓子、食品、ANAオリジナル商品
     (食品・雑貨)、飲料、雑貨

 

店内イメージ

店内イメージ

入口付近に東海エリアを代表する銘菓、店内を進むと知多半島などのえびを使った「えびせんコーナー」や名古屋のグルメを取り揃えた「名古屋めしコーナー」、ANAオリジナルグッズや雑貨、飲料を品揃える。特にメインとなるお土産菓子は選びやすさを追求し、価格帯別に陳列することで目的に合った買い物がしやすくなっている。
 


■ 利用方法
商品を手に取り、出口でタッチパネルの表示内容を確認し、支払いするだけでお買い物が完了。

①入口から入店する。

①入口から入店する。

②商品を手にとる。

②商品を手にとる。

③出口のタッチパネルで購入商品を確認して決済する。

③出口のタッチパネルで購入商品を確認して決済する。

④出口ゲートから退店する。

④出口ゲートから退店する。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。