ローソンが中国・大連にIoT、非対面ロッカー、デジタルサイネージを中国で初導入した店舗オープン

2021.07.30

2021.08.02

ローソンの中国の子会社である大連羅森便利店有限公司は、松下電器(中国)有限公司(パナソニック)は7月30日、中華⼈⺠共和国遼寧省大連市中山区(ちゅうざんく)解放路(かいほうじ)に、アフターコロナ、SDGs(持続可能な開発目標)に対応した最新型店舗「ローソン大連⻘泥窪橋旗艦(だいれんせいでいわきょうきかん)店」をオープンした。

ローソン大連⻘泥窪橋旗艦店外観イメージ。所在地は中国遼寧省⼤連市中⼭区解放路6号電商⼤厦(でんしょうビル)一階
内観イメージ

ローソンとパナソニックは2021年4月、中華⼈⺠共和国上海市に省エネ・省CO2化を目指す環境配慮モデル店舗「ローソン七莘路1010号店」をオープン。

今回オープンする大連⻘泥窪橋旗艦店では、七莘路1010号に設置しているパナソニックの省エネ・省CO2最新設備に加えて、新たに専用のアプリで注文した商品が受け取れるIoT(モノのインターネット)非対面ロッカー、商品・広告などの情報を表示するデジタルサイネージ、学校に寄贈する本寄贈ボックスの設置や、パナソニックの中国の植物工場で生産された水耕栽培野菜の販売も行う。

中国のローソンでIoT非対面ロッカーとデジタルサイネージを設置するのは初めての取り組みとなる。本寄贈ボックスに寄贈された本は、要望があった学校に提供し、提供された本は学校内に設置している「ローソン愛心図書室」に保管される。

また、売場の冷蔵商品ケースの室外機にGWP(地球温暖化係数)の低い冷媒R448Aを使用した冷凍機を導⼊したり、⾼効率LED照明、セルフサービスの新型電子レンジ、省エネ実⾏⽀援システム等を採用することで、電気使用量とCO2排出量共に、15年度の標準的な店舗対比で約2割の削減を目指す。

アフターコロナのニーズに対応した設備も導入

ローソンは中国でアフターコロナの市場ニーズ、SDGsに対応した取り組みを進めている。店舗の外壁面に設置するIoT非対面ロッカーは、専用のアプリで注文した商品を店内で⼈と接触せずに受け取れる設備。

IoT非対面ロッカーイメージ

ディスプレー13台とプロジェクター1台を活用するデジタルサイネージは、クラウド経由でコンテンツの配信や管理が可能であることから、広告配信のモデルを検証する。

デジタルサイネージイメージ

また、発売する野菜の一部には、パナソニックの中国の工場で「農薬不使用」「低細菌環境下」で生産されたものを導入。

中国工場生産の水耕栽培野菜イメージ

その他、パナソニックの独自技術「ナノイー」発生器を搭載した業務用エアコンや空間除菌脱臭機「ジアイーノ」で店内の脱臭、除菌を⾏い、クリーンな空気質を提供する。

今回の店舗での取り組みを通じて、パナソニックとローソンは低炭素社会実現に貢献していくとしている。

ローソンは1996年に中国に進出し、現在では同国内で中国本土における日系コンビニの中で最大となる3773店舗(21年6月末時点)を展開している。エリアライセンス契約や各地でのメガフランチャイズによる出店を中心に、21年中に4000店舗、25年までに1万店舗への拡大を目指す。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」