トライアルホールディングスがスーパー「さとちょう」にリテールのノウハウを提供

2021.08.04

トライアルホールディングスは、青森県弘前市に本社を構え、スーパーマーケット「さとちょう」を運営する佐藤長にリテールのノウハウを提供すると発表した。

8月4日に「さとちょう広田店」(青森県五所川原市)が改装オープンするのに合わせ、同店の看板に「Powered by TRIAL」の文字が追加された。

「さとちょう」は、佐藤長が明治30年(1897年)に創業し、現在青森県内で29店を展開するスーパーマーケット(SM)。2013年以降、「スーパーセンタートライアルおいらせ店」(青森県上北郡おいらせ町)など、東北地方に出店しているトライアル9店の鮮魚コーナーにテナントとして入店している。

そうした経緯による信頼関係もあって、今回、「さとちょう広田店」にトライアルのリテールのノウハウの提供を開始することになったという。

トライアルホールディングスはITやAI(人工知能)技術で「小売流通DX」を目指し、小売業界のムダ・ムラ・ムリを解決する取り組みを推進している。今回の取り組みもその一環。今後も、他企業へのノウハウ提供を通じてお客の買物体験の向上、および各小売店の価値増大を図っていくとしている。

佐藤長概要

代表者/代表取締役社長 佐藤浩三

代表取締役副社長/佐藤 譲

本社所在地/青森県弘前市桔梗野4-9-2

設立/1984年2月

年間売上高/148億円(2020年8月期)

事業内容/生鮮スーパー(生鮮食品・一般加工食品88%、日用雑貨他12%)

URL/https://satoucho.co.jp/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」