しまむらがベビー・子供用品「バースデイ」の直営オンラインストアをオープン

2021.09.09

全国で衣料品チェーンを展開するしまむらが2021年9月8日に、ベビー・子供用品を取り扱う「バースデイ」の直営オンラインストアをオープン。

オンラインストア限定の商品も展開することで、新規顧客だけではなく、店舗の既存顧客にも満足のいくサービスを提供していく。

しまむらのバースデイとは?

バースデイは、全国に約300店舗出店する、しまむらのベビー・子供用品の専門店。

バースデイオリジナルの「高感度・高品質・高機能」商品を衣料品から雑貨まで幅広く展開。出産準備から子育てなどあらゆるシーンに対応しており、価格帯もお手ごろな価格にて提供しているのが特徴。

バースデイのオンラインストアの特徴とは?

出所:バースデイ

バースデイのオンラインストアでは、店舗で展開している商品だけではなく、店舗では取り扱いのないオンラインストア限定商品も取り揃えることで、日頃から店舗を利用している顧客でも楽しめるようになっている。

また、受取方法は自宅配送だけではなく、店舗受け取りにも対応。店舗受け取りは、バースデイに加え、しまむらグループ約1,840店舗(ファッションセンターしまむら・アベイル・シャンブル)でも受け取りが可能になる。

店舗受け取りは事前決済が前提になるが、送料無料で、都合の良いタイミングで商品を受け取ることができるので、利便性が高い。

また、オンラインストアの決済では、クレジットカード決済以外にも、PayPayによるバーコード決済に対応してる。

・バースデイオンラインストア:https://www.shop-shimamura.com/?b=birthday
・バースデイホームページURL : https://www.s-birthday.com/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」