アスクルが「アスクルDXアカデミー」を開校|社内DX人材育成を目的に

2021.09.10

出所:PRTIMES

アスクル株式会社(以下「アスクル」)は、DX型組織への変革を目的として、社内のDX人材育成を強化する独自の研修プログラム「ASKUL DX ACADEMY(以下、アスクルDXアカデミー」を開校した。

アスクルDXアカデミーは、人事部門とDX戦略を進めるテクノロジー部門が連携してできたアスクルの社内研修プログラム。研修開始3年でDX人材(中級レベル以上)の構成比をクリティカル・マスの16%以上に高め、DXに関するアイデアを自発的に推進する社員を増やして、企業風土自体をDX型組織に変革していくものとしている。

アスクルDXアカデミーのプログラムは、科学・技術・工学・芸術・数学の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えたSTEAMモデルをフレームワークとして採用し、データやテクノロジーを使いこなせるDX人材の育成を目指している。

アスクルDXアカデミーにおける講師は、一部のプログラムを除いて、従業員が担当。データやテクノロジーの専門性の社員以外の、テクノロジーが苦手な社員でも基礎から、体系立てて学習できる内容になっているようだ。

受講できる社員は公募や推薦にて募る形となり、全社員向けに5プログラム、データサイエンティストやエンジニア等向けに6プログラムで構成される。

出所:PRTIMES
出所:PRTIMES

今後も、全社員を対象にしたプログラムで基礎的な技術を、データサイエンティストやエンジニア等を対象により高度な専門知識を学ぶカリキュラムを継続的に展開し、アスクルグループのビジネスを推進するDX人材の育成を強化していく予定だ。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」