ローソンがデリバリー&テイクアウトアプリmenu(メニュー)に加盟

2021.09.30

出所:PR TIMES

2021年9月30日(木)より、コンビニエンスストア「ローソン」がデリバリー&テイクアウトアプリmenu(メニュー)の加盟店に加わる。

menuは、スマホで食べたいメニューを事前注文・決済を行い、その後に店舗でテイクアウト、もしくはデリバリーしてもらう機能を利用できるアプリ。デリバリー機能は2020年4月より本格開始している。

国内大手チェーン店から個人経営の店舗まで幅広く加盟しており、国内デリバリー・テイクアウトプラットフォームでは加盟店増加数No.1※1 となっている。

出所:PR TIMES

menuが利用できるローソンの店舗は、東京都内と大阪府内のみで、店舗数は東京都56店舗・大阪府32店舗と計88店舗となる。また、9月30日(木)~10月6日(水)まで配達料無料キャンペーンが実施される。(※地域によって、提供可否が異なる)

menuアプリ内でのサービス時間は、店舗によって異なるが、10時~22時、8時~24時、24時間の3パターンで、取り扱い商品は、約500品目となる。(主な商品:弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類、カップ麺、日用品、雑誌など)

また、menuでは他の飲食店での注文に加える形で、「ローソン」が提供するドリンクやデザートの同時配達を行う「コンボ注文」が可能となっており、2回に分けて注文するよりも配達料が安くなるサービスも提供している。

※1 TPCマーケティングリサーチ調べ/主要デリバリーテイクアウトプラットフォームを提供する15社を対象/調査対象期間:2020年4月から9月

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」